ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11976] 【三重】斎宮歴史博物館/大来皇女と壬申の乱[10/5(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/30(Mon) 00:06:18

 明和町の斎宮歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=24&c=58で、10/5(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆斎宮歴史博物館開館30周年記念・史跡斎宮跡指定40周年記念特別展
「東雲(しののめ)の斎王 大来(おおくの)皇女と壬申の乱」10/5(土)〜11/10(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般400円 大学生260円 高校生以下無料
      常設展示とセット一般700円  大学生460円  高校生以下無料

 『万葉集』に愛弟・大津の死を嘆く哀歌を残した大来皇女は、壬申の乱に勝利した父天武天皇に天照太神宮に遣わされた実質的な最初の斎王。彼女は661年正月、百済救援軍が筑紫へ向かう船上で誕生し、その人生は「倭国」から「日本」に成長する時期に重なる。本展では、大来皇女の斎王・万葉歌人としての人生を主軸に、壬申の乱や最新の斎宮跡発掘調査の成果も含め、激動の時代を紹介。
   多武峯縁起絵巻 下巻之一  室町時代 談山神社蔵
   国宝 崇福寺跡塔心礎納置 舎利容器及び供養具 飛鳥時代 近江神宮蔵
   大津市指定 南滋賀町廃寺出土 蓮華文方形軒瓦 飛鳥時代 近江神宮蔵
   川原寺出土 複弁蓮華文軒丸瓦・重弧文軒平瓦 飛鳥時代 奈良文化財研究所蔵
   重文 縄生廃寺出土 舎利容器 飛鳥時代 文化庁蔵
   国宝 文祢麻呂墓出土品 墓誌・銅箱 飛鳥時代 東京国立博物館蔵
   薬師寺縁起 江戸時代末期 東京国立博物館蔵
   川原寺裏山遺跡出土 三尊土専仏 飛鳥時代 明日香村教育委員会蔵
   『天上の虹』複製原画 里中プロダクション蔵    など

展示解説会:10/5(土)11/3(日)午後1時30分〜2時30分 事前申込不要

史跡斎宮跡発掘調査現場公開:11/3(日)午前9時〜正午、午後1〜4時
  史跡斎宮跡第197次発掘調査現場(三重県多気郡明和町竹川字中垣内)
     ※斎宮歴史博物館から南に約500mの近鉄線路北側  事前申込不要、無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー