ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11968] 【奈良】県立美術館/吉川観方−日本文化へのまなざし[9/28(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/24(Tue) 00:20:14

 奈良県庁隣の奈良県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=4で、今週末9/28(土)より開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館300回記念特別展/生誕125年・没後40年「吉川観方−日本文化へのまなざし」9/28(土)〜11/17(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般800円 高大生600円 小中生400円 
     身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者1人無料
     外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイド無料
 吉川観方(本名 賢次郎 1894−1979)は今日、絵画や染織などの美術工芸品収集したことで知られ、画家として優れた作品を残し、風俗史研究家として活躍した。はじめ画家を志した観方は、京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)で日本画を学び、木版画の制作にも携わるが、次第に風俗史の研究や美術品の収集に没頭し、映画や舞台、祭礼などの時代考証や収集品の展示に力を注ぐ。本展では、観方や交流のあった画家たちの作品を展示し、観方と日本画との関わりにも注目して活動を振り返り、《伝淀殿画像》など観方コレクションの名品もあわせて展示。観方が守り伝えようとした日本文化の魅力を改めて見つめ直す。
  吉川観方《入相告ぐる頃》大正7年(1918)
      《伊東マンショの像(天正遣欧使節)》昭和28年(1948)頃
      《朝霧・夕霧》昭和23年(1948)
      《加茂川舞妓夕涼図》大正3年(1914)頃
  《伝 淀殿画像》桃山〜江戸時代初期

同時開催・連携展示「春日大社 春日若宮おん祭」

講座・対談:レクチャールームにて、午後2時〜(1時30分開場)先着80席
10/27(日)「吉川観方と観方コレクション」島田康寛氏(美術史家・美術評論家)
                    宮崎隆旨氏(元 奈良県立美術館館長)
10/13(日)「吉川観方と日本画」学芸員 
11/10(日)「春日若宮おん祭」藤岡信宏氏(春日大社禰宜/総務部長)

ギャラリートーク:10/5(土)19(土)11/16(土)いずれも2時〜 

実技講座:11/3(日)午後2時〜 レクチャールーム(要予約)予約方法は館サイトにて
「扮装写生会 天平風俗を描こう!」 南城守氏(絹谷幸二天空美術館顧問・美術家)
 協力: 五十嵐公子氏(日本メークアップアーチスト学院) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー