ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11967] 【奈良】県立万葉文化館/棟方志功の福光時代[9/28(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/24(Tue) 00:19:33

 明日香村の奈良県立万葉文化館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=75で今週末9/28(土)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「棟方志功の福光時代ー信仰と美の出会いー」9/28(土)〜11/17(日)
      月曜休館(祝日の場合は平日)
      入館料金:一般1200円 高大生500円 小中生300円

 青森市生まれでゴッホに憧れて油絵描きを志したものの版画家となった棟方志功(1903―1975)は、民藝運動の指導者たちとの出会いから、日本の版画独自の作風を模索し、昭和11(1936)年、飛躍的な成長を遂げ、数々の名品を世に残す。終戦間際の昭和20年4月、一家で富山県福光町(現・南砺市)に疎開し、棟方42歳から48歳までの最も充実した時期を過ごした。棟方のその福光時代に焦点を当て、《火の願ひ板画柵》や《運命頌板画柵》、奇跡的に戦火を逃れた《釈迦十大弟子》などの板画作品を主軸とし、この時代に花開いた倭画や書の名品、書簡等の資料、包装紙や装画本等のデザインまで含めて、棟方志功の藝業(げいごう)を多角的に紹介。棟方と長きの友人であった桜井市出身の文芸評論家 保田與重郎(1910―1981)に関係する作品も併せて出品。色紙や短冊、手紙の最後の保田の歌を棟方が板画にした《火玄火頌(かぎろいしょう:火と玄は1字)》や、保田與重郎と棟方志功の記紀万葉歌碑の原書なども紹介。

(1)特別講演会:10/19(土)企画展示室にて、先着150名、無料・申込不要
 「交遊から探る棟方志功の福光時代」石井頼子 氏(棟方志功研究家・棟方志功の初孫)

(2)合唱コンサート〈棟方志功の世界〉10/20(日)午後2時開演、先着200名、無料・申込不要
 ソプラノ:中川令子氏 お話:石井頼子 氏 ピアノ:中川知美氏
 女声コーラス高田ハーモニー 混声合唱団コーロ・クオーレ
  棟方志功の作詞した曲と共に、作品の魅力を紹介。

(3)学芸員によるギャラリートーク:9/29(日)午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー