ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11964] 【群馬】高崎市美術館/詩をかたどる、詩をきざむ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/22(Sun) 00:07:17

 高崎市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=11で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「詩をかたどる、詩をきざむ―祈りの庭へ。」〜11/24(日)+旧井上房一郎邸
   月曜(祝日の場合は翌日)と祝日の翌日休館
    高崎市美術館(山中現・丸尾康弘・木村繁之の作品を展示)
          午前10時〜午後6時(金曜は8時まで、入館は閉館30分前まで)
    旧井上房一郎邸(深井隆の作品を展示)午前10時〜午後6時(入館は午後5時30分まで)
   入館料金:一般600円 高大生300円(旧井上房一郎邸含む)
   10/28(月)は群馬県民の日につき無料
   リピーター割引:2回目以降半券提示で割引
   身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳所持者と付添者1名
    65歳以上の方、中学生以下は無料

 絵や彫刻の垣根を越えて、夢や詩を託すことから出発した作家たちの「詩」「絵」「彫刻」。
 木彫作家であり絵や版画も制作する深井隆(1951年高崎市出身)、丸尾康弘(1956年熊本県出身)と、木版画家であり立体も制作する山中現(1954年福島県出身)、木村繁之(1957年愛媛県出身)。1950年代に生まれ、それぞれ木彫を、木版画を選び、今なお「かたどる」「きざむ」身振りを決して見失わなかった作家たち。主に木をめぐる4人の仕事に交差する詩の世界から、古くから物をかたどり、きざんできた日本人が近代彫刻や木版画に祈りの世界をみつめ、詩をかたどり、詩をきざむ心を紹介。
  深井隆《山の上に立つ人と橋》(2019年)
  山中現《影について》(2009年)
  丸尾康弘《森の声》(2018年)
  木村繁之《ことり》(2015年)など

アーティストクロストーク:11/24(日)午後2時〜 定員80名
 深井隆氏(彫刻家)×山中現氏(木版画家)

アーティストワークショップ
「木をきざむ」10/22(火・祝)午後1〜3時、、
 丸尾康弘氏(彫刻家)定員:20名 対象:小学生〜大人(小学3年生以下は保護者同伴)
 

「木のはやい年賀状」11/17(日)午後1〜4時 
 山中現氏(木版画家) 定員20名 対象:小学生〜大人(小学3年生以下は保護者同伴)
 
「高崎ひとがたり」10/20(日)午後2時〜
 丸尾康弘氏(彫刻家)×関口将夫氏(画家・詩人)
 トーク終了後、美術館敷地内旧井上房一郎邸庭園で、講師と参加者の交流イベント「茶話」
  コーヒーサービス:丸尾康弘、難波多輝子(アーティスト、丸尾康弘夫人)

以上のイベントはすべて高崎市南公民館にて実施、無料(美術館展示は有料)
   いずれも予約先着順、高崎市美術館にて電話受付027-324-6125

学芸員によるギャラリートーク:10/12(土)26(土)11/9(土)午後2時〜、申込不要

深井隆と学芸員によるクロストーク:11/23(土・祝)午後2時〜、申込不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー