ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11963] 【兵庫】姫路文学館/文豪川端康成と美のコレクション展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/22(Sun) 00:04:14

 姫路文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=42で姫路市立美術館と併せて開催されている展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆姫路市制施行130周年記念・神戸新聞播磨製作センター完成記念
 「生誕120年 文豪川端康成と美のコレクション展 古今東西の名画、文豪たちの書ー幽遠を見つめる眼」
         〜11/4(月・振)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    2館分観覧料:一般1400円 高大生600円 小中生300円(1館分の観覧券はなし)

 多彩な美術品を収集していたことで知られるノーベル賞作家・川端康成(1899〜1972)のコレクションは、国宝に指定される浦上玉堂の《凍雲篩雪図》と池大雅・与謝蕪村の《十便十宜図》をはじめ、土偶や仏像などの古美術から東山魁夷・古賀春江・草間彌生といった近現代日本美術、ロダン・ピカソといった西洋美術にまで至る幅広いもの。また、川端作品を彩った書籍装丁や挿絵原画などの数多くの東山作品も含まれる。この美術作品を展示し、審美眼に迫る。
 1899(明治32)年に大阪に生まれ、名作『伊豆の踊子』や『雪国』で知られる川端康成は、菊池寛や、横光利一らと交わりながら、幽玄なる日本の美意識を追求した作品を発表し、1868(昭和43)年には日本人で初めてノーベル文学賞を受賞した。文学館会場では、その作品を紹介するとともに直筆原稿や書幅、初恋の人・伊藤初代宛の未投函書簡などを展示し、収集された古典資料、および川端が愛した国宝・浦上玉堂の《凍雲篩雪図》を公開し、日本の伝統美へのまなざしも紹介。川端が所持した、夏目漱石・太宰治・谷崎潤一郎・三島由紀夫らの書幅や書簡を展示し、近代日本を代表する文豪たちの交流を紹介。
[文豪が愛した空間]国宝 浦上玉堂《凍雲篩雪図》10/29(火)〜11/4(月・振)他は複製展示
[文豪・川端康成]ノーベル賞賞状1968年 川端康成「雪国抄」
[文豪たちの息づかい]武者小路実篤《伊香保風景》昭和20年代 夏目漱石《五言絶句》1914年
[川端の見つめた伝統]良寛《恁慶》江戸時代 与謝野晶子《源氏物語礼賛》1939年
[川端コレクションと播磨]岸田劉生《童女像》1923年

川端康成日曜講座:午後2〜3時30分、開場は1時30分、無料、北館3階講堂、参加無料、定員150人・先着順
(2)9/29(日)「川端康成、その初恋の秘密」森本穫 氏(川端康成学会特任理事)
(5)11/3(日・祝)「川端康成と横光利一」黒田大河 氏(大阪樟蔭女子大学教授)

展示解説会:学芸員:11/2(土)午後2時〜 北館3階講堂にて、無料(定員150人・先着順)

ミュージアム朗読会+演奏会「川端文学と四重奏のしらべ」10/5(土)午前11時〜 午後2時〜(内容同じ)
 朗読:土方淳子 氏  演奏:カルテットPoco a Poco  企画展示室にて、入館券のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー