ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11956] 【東京】中村屋サロン美術館/荻原守衛展 彫刻家への道 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/21(Sat) 20:39:02

 新宿の中村屋サロン美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=104で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆生誕140年・中村屋サロン美術館開館5周年記念
  「荻原守衛展 彫刻家への道」前期:〜10/29(火)
            後期:11/1(金)〜12/8(日)
      火曜休館(10/22(火・祝)29(火・開館記念日)は開館 )
      開館時間:午前10時30分〜午後7時(入館は6時40分まで)
      入館料金:300円 高校生以下無料(高校生は学生証)
           障がい者手帳呈示者および同伴者1名は無料
           リピート割引(会期中に当企画展の半券を提示すると入館料から100円割引)
 日本近代美術史に名を刻む「中村屋サロン」の中心人物、「日本近代彫刻の父」とも呼ばれた荻原守衛。荻原は少年のころ、信州安曇野の中村屋創業者・相馬愛蔵宅にあった長尾杢太郎の《亀戸風景》を目にして画家を目指した。パリのサロンで出会ったロダンの《考える人》に感銘を受け彫刻家への道を歩み、後の中村屋サロンを形成する芸術家たちと交流を深めた。石膏原型が日本近代彫刻として初めて重要文化財に指定された、絶作「女」を生み出すまでの荻原の軌跡を、 師事したロダンや親交を結んだ芸術家たちの作品と共に展示し、荻原芸術の真髄に迫る。
 荻原守衛《坑夫》1907年
       《病める児》1910年頃
       《人体デッサン》ニューヨーク時代
       《北條寅吉像》1909年
   オーギュスト・ロダン《「影」の頭部》
             《考える人》1860年
   斎藤与里《法々華経》1909年
   戸張孤雁《猫》1909年
   高村光太郎《腕》1918年
   柳敬助《荻原守衛肖像》1910年頃 など
ギャラリートーク:10/12(土)11/9(土)午後2時〜50分

荻原守衛生誕140年企画記念公園(食事つき)12/1(日)午前10時〜午後1時30分頃
「荻原守衛と日本近代彫刻(仮称)」古田亮氏(東京藝術大学大学美術館准教授)
 新宿中村屋Granna(新宿中村屋ビル8F)定員24名(応募者多数の場合抽選)参加費3000円(入館券付き)
 申込方法:住所、氏名、電話番号、参加人数(1枚で2名まで)をハガキに記入して
  〒160-0022 新宿区新宿3-36-13新宿中村屋ビル3階 中村屋サロン美術館 荻原守衛展講演受付係
     TEL03-5362-7508
  締切10/31(木)消印有効 抽選結果は11/7(木)までにハガキを発送
     当選後のキャンセル連絡は11/25(月)までに
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー