ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11934] 【神奈川】横須賀美術館/サラ・ベルナールの世界展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/09/16(Mon) 00:49:16

 横須賀、観音崎の横須賀美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=62
で始まった特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」〜11/4(月・振)
    10/7(月)休館
    入館料金:一般900円 高大生・65歳以上700円 中学生以下無料。
          11/3は無料観覧日
         市内在住または在学の高校生は無料 
          身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名無料
 19世紀半ば〜20世紀初頭、パリを拠点に活躍した女優サラ・ベルナール(1844〜1923)は、1862年にコメディー・フランセーズでデビュー、1880年には劇団の看板女優として舞台に立った。 主演作「ジスモンダ」のポスター製作では、新人画家アルフォンス・ミュシャ(1860〜1939)、舞台ではルネ・ラリック(1860〜1945)のジュエリーを用いるなど、アール・ヌーヴォー様式を支えたパトロンの一人でもあった。 本展では、サラ・ベルナールの当時の写真や肖像画とともに、ミュシャ、ラリックなど、彼女の舞台を彩ったデザイン・工芸分野の作品など約150点を通して、ベル・エポックの時代の文化を多面的に紹介。 
 ルイーズ・アベマ《サラ・ベルナール》1909年
 アルフォンス・ミュシャ《椿姫》1896年
 デザイン:アルフォンス・ミュシャ/制作:ルネ・ラリック《舞台用冠 ユリ》1895年
 アルフォンス・ミュシャ《ロレンザッチオ 改訂版》1897年 など

学芸員によるギャラリートーク:9/23(月・祝)午後2時〜 申込不要、当日直接会場へ

海の広場のオペラ・ガラコンサート:9/28(土)29(日)午後6〜7時(両日同内容)
「海の広場」野外ステージにて(雨天時は美術館内エントランスホール)
   宮本史利/横森由衣/渡邊達徳/芳野亜美/宮川久美/藤谷佳奈枝/
    新海康仁/アンサンブルフロイデオペラ合唱団/YMSA発声・歌唱ワークショップ参加の皆様
 無料、当日直接会場へ、敷物、飲食物持込OK、座席の用意なし
  当日、軽食や飲み物などのケータリングを予定(雨天時は中止の場合あり)

講演会:10/26(土)午後2〜3時、ワークショップ室にて、当日直接会場へ、定員70人、入館券のみ
「フランスで女優をするということ」竹中香子氏(女優)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明  


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー