ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11897] 【長野】日本浮世絵博物館/江戸ワンダーランド 見世物の世界へようこそ 投稿者:   投稿日:2019/09/01(Sun) 22:04:28

 こんにちは

 日本浮世絵博物館に久し振りに行きました。

 今回の展示は見世物の絵というちょっと変わったテーマと言えます。舞台は主に両国となっていました。
 両国の賑わいを描いた作品の後、まず曲芸を描いた作品が続きます。これが半分くらいを占めていました。独楽の曲芸や軽業師などがあります。独楽は曲芸そのものだけでなく、動物の体を独楽のように描いたものもあります。これも浮世絵の機能でしょうが、チラシ的な絵もあります。
 次のパートは「細工の見世物」ということで、生人形他です。現在なら「○○工芸展」のようになるものだと思います。
 最後は動物です。駝鳥(実はヒクイドリ)、象、虎(実はヒョウ)といった動物が江戸で公開されたときの絵です。

 公共交通覧には次を加えてください。松本歴史の里も同じです。
  松本駅アルプス口から松本周遊バス「タウンスニーカー」西コース(ロングコース)で「浮世絵博物館・歴史の里」下車
 *松本駅の乗り場は他のバスが出る側でないので注意


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー