ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11874] 【静岡】市美術館/印象派への旅 海運王の夢 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/31(Sat) 00:38:39

 静岡駅に近い静岡市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=3で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「印象派への旅 海運王の夢ーバレル・コレクション」〜10/20(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    午前10時〜午後7時(入館は閉館30分前まで)
 スコットランド最大の都市グラスゴーで「海運王」と称されたウィリアム・バレル(1861-1958)はが築いた古今東西の美術工芸品のコレクション。そのなかから19世紀フランス絵画、オランダのハーグ派、スコットランドの画家たちの作品を、写実主義から印象派への流れを辿りながら紹介。「大気汚染の影響が少ない郊外に作品を展示すること」「国外に持ち出さないこと」が美術館建設に関しての条件だったが、同館の改装に伴い実現した展覧会で、バレル・コレクション全73点が日本初公開。ケルヴィングローヴ美術博物館より、ゴッホによる肖像画やルノワール、セザンヌなど7点を加え、総数80点。
  フィンセント・ファン・ゴッホ《アレクサンダー・リードの肖像》1887年
  サミュエル・ジョン・ペブロー《バラ》1900ー05年頃
  ジョセフ・クロホール《二輪馬車》1894ー1900年頃
  テオデュール・リボー《楽器を奏でる人》1862年
  ギュスターヴ・クールベ《マドモワゼル・オーヴ・ドゥ・ラ・オルド》1865年
  ヤーコブ・マリス《ペットの山羊》1871年
  ウジェーヌ・ブーダン《ドーヴィル、波止場》1891年
  ポール・セザンヌ《エトワール山稜とビロン・デュ・ロワ峰》1878ー79年
  ピエール・オーギュスト・ルノワール《静物ーコーヒーカップとミカン》1908年

学芸員によるギャラリートーク:10/13(日)午後2時〜40分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー