ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11863] 【東京】国立新美術館/話しているのは誰? 現代美術に潜む文学[8/28(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/27(Tue) 23:25:26

 六本木の国立新美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=71で明日8/28(水)から開催される展覧会を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「話しているのは誰? 現代美術に潜む文学」8/28(水)〜11/11(月)
   火曜休館(10/22(火・祝)は開館、10/23(水)は休館)
   開館時間 :午前10時〜午後6時
    (金土は、8・9月は9時まで、10・11月は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1000円(一般)、500円(大学生)
      高校生・18歳未満(要証明)は入場無料
      障害者手帳を持参の方(付添者1名を含む)は無料
      11/3(日・祝)は「文化の日」につき、入場無料。
 1950年代から1980年代生まれの日本の現代美術家6名によるグループ展。映像や写真を用いたインスタレーションなど、表現方法が多岐にわたるが、作品のうちに文学の要素が色濃く反映されており、書物の形態をとる文学作品だけを示すのではないが、日本の現代美術における文学のさまざまな表れ方を経験する。
 山城知佳子 《チンビン・ウェスタン『家族の表象』》 2019年 4KHDヴィデオ、カラー、サウンド
 小林エリカ 《わたしのトーチ》 2019年 Cプリント 54.9×36.7cm(各、47点組) 作
 北島敬三 《ツィルカール村 アルメニア共和国》(「USSR 1991」シリーズより)1991/2019年 顔料印刷
 ミヤギフトシ 《From the Palace on the Hill #2》(「物語るには明るい部屋が必要で」より) 2019年 デジタルCプリント
 田村友一郎 《Sky Eyes》 2019年 ミクストメディア 作家蔵
 豊嶋康子 《正方形余白手裏剣》 2018年 シナベニヤ、リンシードオイル、油絵具 91.0×91.0×2.7cm

アーティストトーク:3階講堂(定員260名:先着順、申込不要)
9/14(土)午後6〜8時(5時30分開場)
  植本一子(写真家)、長島有里枝(写真家)、ミヤギフトシ(本展出品作家)
9/22(日)午後2〜4時(1時30分開場)
  倉石信乃(詩人・評論家、明治大学教授)、橋本一径(表象文化論、早稲田大学教授)、北島敬三(本展出品作家) 10/20(日)午後2〜4時(1時30分開場)
  林道郎(美術史家・批評家、上智大学教授)、松浦寿夫(画家・批評家、武蔵野美術大学教授)、豊嶋康子(本展出品作家)
10/22(火・祝)時間未定  田村友一郎(本展出品作家)ほか
10/26(土)午後5〜7時(4時30分開場)
  西加奈子(作家)、山崎ナオコーラ(作家)、小林エリカ(本展出品作家)

ギャラリートーク:企画展示室1E(申込不要)
9/15(日)午後2〜3時 豊嶋康子(本展出品作家)
9/21(土)午後2〜3時 小林エリカ(本展出品作家)
10/5(土)午後4〜5時 小原真史(映像作家・キュレーター)、北島敬三(本展出品作家)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー