ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11860] 【京都】芸術センター/二つの部屋、三つのケース[8/27(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/26(Mon) 23:29:21

 四条烏丸に近い京都芸術センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=47で、8/27(火)から始まる展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「二つの部屋、三つのケース」8/27(火)〜9/29(日)
    9/6(金)、9/17(火)〜19(木)は展示替えのため休館
    入館無料
 京都芸術センターで提示される作品は、展覧会・パフォーマンスが行われている空間、その瞬間、そこに居合わせた人たちが存在する/関わることによって生成される場を一つの作品としてみることもできる。
 本展では、展覧会という形式をとりつつ、三組のアーティストが、京都芸術センターの特徴的な北・南ギャラリーという二つの部屋を同時につかいながらそれぞれ作りだす三つの時間・場を提示。

ケース1:立ち会う 関川航平「散歩られ」8/27(火)〜9/5(木)
 散歩をしているあなたが過ぎ去っている周辺の景色のどこかに目が留まれば、風景の中の何かは散歩するあなたによって散歩られているのか。

ケース2:選択する、決定する 山中suplex「二つの部屋、三つのケース」9/7(土)〜9/16(月・祝)
 ギャラリー北と南を、山中suplexに見立て、STORAGE [倉庫]とWORKSHOP [工房]の機能を持たせ、二つの空間を使用した三回のワークショップを行い、山中suplexメンバーとワークショップ参加者とで作る三つの"ケース"を提示。

ケース3:演じる タカハシ 'タカカーン' セイジ「京都レクリエーションセンター 〜施設のための試演〜」
    9/20(金)〜9/29(日)
 施設のための試演を行い、ときには「やってみたかったことをやってみるための時間」があり、日々の終わりに「試演会議」を開き「残せなさ」「残らなさ」を「残したさを伴って伝え続けてもらうこと」を行う。

山中suplex 「二つの部屋、三つのケース」ワークショップ(応募はサイトのフォームより)
●「展示する」ワークショップ
9/8(日)午後1〜5時 定員5名 「展示」することをテーマにしたワークショップ。

●「罠を仕掛ける」ワークショップ
9/12(木)午前11時〜午後3時 定員5名 山中suplexメンバー、小西由悟による罠をテーマにしたワークショップ。

●「整理整頓」ワークショップ
9/15(日)午後1〜5時 定員5名 
  倉庫(ギャラリー南)に作品だけを残して、工房(ギャラリー北)に資材を運ぶ整理整頓ワークショップ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー