ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11855] 【大阪】府立弥生文化博物館/発掘された因幡のあけぼの 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/22(Thu) 23:15:12

 和泉市信太山の大阪府立弥生文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=141で開催中の特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和元年度夏季特別展「白兎のクニへ−発掘された因幡のあけぼの−」〜10/6(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般650円 65歳以上・高大生450円
         中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名無料
 「因幡の白うさぎ」の神話の舞台となった鳥取県東部地域(因幡)は、日本海沿岸地域の古代史を考える上で大きな意味を持つ。本展では、最近に鳥取市内で行われた大規模な発掘調査によって縄文時代早期から古代にいたる発掘・研究成果を紹介し、土器圧痕レプリカや人骨DNAなど最新科学や分析方法も加えて、新しい因幡の歴史を掘り下げる。
  花弁高杯 乙亥正屋敷南遺跡 弥生時代後期
  有舌尖頭器 大桷遺跡 縄文時代草創期
  編みカゴ 高住井手添遺跡 縄文時代晩期
  ニホンノウサギ剥製
  スミツキザメ剥製 など
    
学芸員による展示解説:8/31、9/21、10/5(土)午前11時〜正午

聴く古事記「稲羽之素菟」古事記で知る「白兎神話」朗読者:安西なをみ氏 午後0時40分〜1時20分

講演会:1階ホールにて、午後2〜4時(午後1時30分より受付)定員170名、当日先着順、開館時より整理券配付
    入館料のみ
第3回 8/31(土)「比較神話学が解き明かす「因幡の白兎」」門田眞知子氏(鳥取大学名誉教授)
第4回 9/21(土)「発掘された「倭人」たちとDNA分析−青谷上寺地遺跡の最新研究−」
          篠田謙一氏(国立科学博物館) 濱田竜彦氏(鳥取県埋蔵文化財センター)
第5回 10/5(土)「鳥取藩主池田家とその墓所」
          伊藤康晴氏(鳥取市歴史博物館)高橋章司氏(鳥取県文化財課)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 8/18(日)に訪れています。地域ごとの弥生文化を掘り下げる、というのはこの館の特別展のひとつの方針、シリーズでたのしみです。鳥取県では、西部の妻木晩田(むきばんだ)遺跡、鳥取市西部で青谷上寺地遺跡というスターな遺跡がありますから、過去、展示したことがあるはずです。
 今回、鳥取県の東部に絞り、近年、道路開発が進んだことで多く発見された遺跡群について展示されていたと思います。
 まさに「サメを描いた土器」など、まさに日本海岸の文化は青谷上寺地のものが多く出品されていましたが、東部の内陸部の代表として「智頭枕田遺跡」という私は初めて目にする遺跡から多く出品されていました。土器の形式など、畿内方面からのものの最西端だとのこと。江戸時代の智頭宿場町の写真も掲げられ、畿内ー因幡間のメインルートが、古代からこの道筋だった、と言えるようで。うん、現代の智頭急行は間違いじゃないのね、と。土器や骨そのものをじっくり見ても、面白いとは言えないのですが、ストーリーをうまく構築するのは、考古学の展示の見せ所だと思います。まだまだこれからも親しんでいきたい館です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ、8/18の訪問

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー