ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11850] 【大阪】司馬遼太郎記念館/司馬遼太郎が見た世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/21(Wed) 22:55:09

 東大阪市、近鉄八戸ノ里の司馬遼太郎記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=158で行われている企画展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「司馬遼太郎が見た世界」〜10/27(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)9/1(日)〜9/10(火)は特別資料整理期間のため休館
   大人・大学生500円 中高生300円 小学生200円
 アジアや欧米など世界に関心をもち、『長安から北京へ』『ロシアについて』『アメリカ素描』『日韓 理解への道 座談会』など多くの作品で、文明・文化、歴史、経済、文学などに触れている。『人間の集団について』(ベトナム)、『街道をゆく』の「モンゴル紀行」、「オランダ紀行」、「台湾紀行」なども加えてとりあげる。自筆原稿、司馬遼太郎が取材先の風景を描いた絵や色紙、写真、掲載紙、須田剋太氏、安野光雅氏の挿し絵も併せて展示。
 自筆原稿「日韓ソウル座談会のはじめに 日本社会の一隅で」
 自筆原稿「中国の旅」(改題『長安から北京へ』)第1回「万暦帝の地下宮殿で」 
 掲載紙「産経新聞」スクラップブック「人間の集団について」
 自筆画 『長安から北京へ』カバー画
 地球儀 司馬遼太郎の書斎においてあるもの
 自筆文字「日韓ソウル座談会」「続理解への道」読売新聞掲載時のタイトル など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 8/17(土)に訪ねています。この八戸ノ里で用事がありましたので、猛暑のこともあり、休憩のつもりもありました。
 いつものことながら、企画展は壁ケース一列分ですが、司馬が触れたかった世界、という感覚は得られました。韓国、ベトナム、モンゴルといったアジア訪問に最も興味があったのだろうと思いますが…もちろん、日本史との強いつながりもあり、交流が文化をつくってゆくことを強く意識されていると思いました。また、特徴的なのはヨーロッパの着目。ギリシャ・ローマやハプスブルグ、英仏、といった世界の覇権をにぎった地域には目を向けず、オランダ、アイルランドという国土を作ったり、世界へ出て行く移民の風土であったり、ここでも周辺文化というか交流・移動、それが文化だと目をむけられている、と感心。
 また、『街道をゆく』では、須田剋太画伯の挿絵が有名ですが、司馬氏自筆の挿絵も多く、郊外の公園のスケッチなど素朴に雰囲気が出ているな、と思いました。

               明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー