ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11849] 【東京】森美術館/塩田千春 投稿者:   投稿日:2019/08/21(Wed) 22:00:03

こんにちは

 8月17日には日帰りで森美術館「塩田千春展 魂がふるえる」を見てきました。

 今までで最大規模の個展ということで、これだけの展覧会をよく企画したと思います。

 塩田千春の初期から最近までの作品がありました。糸によるインスタレーション作品はこの人のシンボルでしょう。初めて見た作品として大量のスーツケースを糸で吊した作品もこの人ならではだと思います。
 パフォーマンスを記録した映像作品は裸になって崖を転げ落ちたり、これも裸にチューブを巻いて血のような赤い水を流すなど、怖い作品がいくつもあります。
 最初の横浜トリエンナーレで見た巨大な服に泥水を流す作品は残念ながら実物ではなく記録映像でした。ビルの52Fでこれを行うのは難しいのでしょうか(最初の横浜トリエンナーレが開かれたパシフィコ横浜の会場は1Fです)。
 舞台美術の作品はやや意外な気がします。ワーグナーのオペラの舞台を作ったりもしていますが、能を原作とした細川俊夫作曲のオペラ「松風」はまさに塩田千春の世界になっています。

 ここは展望台も自動的にセットですが、現在は展望台内で「ピクサーのひみつ展」が開かれていて、これも自動的にセットになっています。CGアニメーションの制作過程が主な内容です。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー