ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11845] 【奈良】博:法徳寺の仏像/いのりの世界のどうぶつえん 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/20(Tue) 21:42:20

 なら燈火会開催中の8/11(日)に奈良国立博物館を訪ねました。まさに酷暑の中、昼間に出歩く気がしません。夜間開館の期間でしたから、レイト割引もあるし、7時点火の燈火会まで、ここで過ごすのは良いです。
(燈火会は終わりましたが、展示の会期中は、金土は夜間開館があります)

 まずは「いのりの世界のどうぶつえん」の展示。各地のミュージアムの夏休み展は、動物をとりあげたものが多く、ここもその一つ、神仏と特定の動物の結びつきを、仏像や仏画のすみずみまで見せることで知ってもらう、というのは展示方法として良いと思います。普賢と象、文殊と獅子なんてのはしっかり楽しんでもらうといいですね。いや、何より私も楽しんだのは、キャラクター動物が案内役になっていること。すべてこちらの館員さんがデザインされたようで、こんな風に仕事を楽しまれているのは微笑ましいです。

 特別陳列「法徳寺の仏像―近代を旅した仏たち―」は一部屋分の展示ですが、久しぶりに仏様をじっくり見た感じ。奈良の法徳寺に、ずっと伝わった仏じゃないんですよね。興福寺のものだったらしいものが多く。仏の衣装の截金をじっくり楽しんだり、平安仏の優しさ、鎌倉仏の躍動感・生きてる感を、ネームバリューから離れて鑑賞できました。

 この両展示は、9/8(日)までです。

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー