ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11844] 【大阪】あべのハルカス美術館:ギュスターヴ・モロー展見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/20(Tue) 21:40:28

 8月のはじめに、あべのハルカス美術館でギュスターヴ・モロー展を見ています。
 意外に、この展覧会、作品等の紹介をまだしていなかったのですね。次には福岡へ巡回するようですので、そちらで詳細は書くことにしますが…

 宗教をテーマにした西洋絵画は好きなジャンルの一つですので…ここは休息に出かけた次第。
 本人のアトリエをそのまま美術館として寄贈された、パリのギュスターヴ・モロー美術館の引越展のような感じですので、本当に代表作が来ていると言えます。しかし、テーマが「サロメと宿命の女たち」ということで、「男を滅ぼすのは魔性の女」というイメージで貫かれているのですね。洗礼者ヨハネの首をとった「サロメ」はもちろん、その範疇に入るだろうし、このテーマの作品を何点も描いているのですが…
 清純な女性のイメージ《一角獣》も、ゼウスに略奪された《エウロペの誘拐》も、女性の誘惑…という支店はちょっとしんどかったな。
 ただ、モローが、一生、母と、結婚しなかったけれど亡くなるまで連れ添った恋人には、ずっと優しくありつづけた…というところは、有名芸術家の「私生活は乱れている」ところが当たり前のように思っている私には新鮮でした。女性には二面性を見ていた、というのが、全体としては展示のねらいなのでしょう。

 あべのハルカスでの展示は9/23(月・祝)までです。

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー