ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11836] 【愛知】あいちトリエンナーレ2019 投稿者:   投稿日:2019/08/18(Sun) 21:19:27

こんにちは

あいちトリエンナーレ2019に8月11,12日に行ってきました。印象に残った作品について書きます。

8月11日の分
名古屋市美術館会場

 まず、美術館に入る前にバルテレミ・トグォ(カメルーン)による国旗を使ったゴミ箱のような作品が迎えてくれます。
 展示室の最初の通常なら象徴的な作品が置かれている場所にあったのが碓井ゆい(東京都)「ガラスの中で」は生物学の実験に使うシャーレのようなもので、生命科学の象徴になっています。藤井光(東京都)「第一の事実」は戦時中に台湾に作られた同化教育のための訓練の様子の記録と、それを俳優が再現した映像が並んでいます。いきなり随分と政治的主張を含んだ作品です。両者を比べると後者の方がまだ救われるように感じるのはなぜでしょう。きっとこちらは服装がバラバラだからだと思います。
 モニカ・メイヤー(メキシコ)は「The Clothesline」という参加型作品。女性差別をテーマにして、参加者の書いたアンケートの答えが並んでいます。青木美紅(栃木県)は自身が人工授精での誕生だったということから選択された生命をテーマにしたインスタレーション「1996」を作っています。タイトルは自身の生まれた年、奇しくもここに出てくるクローン羊「ドリー」の生まれた年でもあります。

愛知芸術文化センター会場

 地下から行ったので美術館展示室よりも先に見たのが加藤翼(埼玉県)による2点の映像作品です。1つは箏、三味線、太鼓の奏者がロープで結ばれながら演奏しようとしています。しかし、他の人が動くと邪魔になってうまく演奏は進みません。演奏しようとしている曲はどうやら「君が代」のようです。もう1つはアメリカが舞台となり、ギター、ベース、ドラムス、キーボードの奏者が同じようにロープで結ばれながら演奏しようとしています。こちらが演奏しようとしているのはどうやら「星条旗よ永遠なれ」のようです。このような形での国歌の演奏というのは国家による束縛を指しているように思えてなりません。

 10Fの愛知県美術館会場ではウーゴ・ロンディノーネ(スイス)「孤独のボキャブラリー」は広い会場にピエロの人形がたくさん置かれています、様々な姿ですが、みな無表情です。村山悟郎(東京都)「現世界とプログラムのための肖像」は歩くロボットを中心としたものです。伊藤ガビン(神奈川県)「モダンファート 創刊号」は映像インスタレーションですが、雑誌を模したものになっています。

 8F会場は現在のこのトリエンナーレを象徴するところがあります。
 ユェン・グァンミン(台湾)「日常演習」はドローンで台北の町を撮影しているのですが、不思議なことに人がまったく見えません。これは台湾を象徴するものなのですが、ここで種明かしは書かないことにします。この少し後に「表現の不自由展 その後」があるのですが、横やりにより閉鎖させられてしまっています。それに抗議してともに韓国のパク・チョンキョン、イム・ミヌクは出展を取り下げ、見られなくなっています。
 ワリード・ペシュティ(イギリス)「トラベル・ピクチャーズ」は撮影したフィルムを空港の手荷物検査にわざと保護せずに通して感光をさせたものであり、「FedEx」はガラス容器をわざと保護せずにFedExで送り、ひび割れを作ったもの、ともに作者の予期せぬものができています。ミリアム・カーン(スイス)は一見抽象にも見える絵画なのですが、実はこれは原爆を表しているようです。ハビエル・テジェス(ベネズエラ)「歩行者」は亡命希望者にインタビューした映像であり、ビデオアートと言うよりノンフィクション映画に見えます。

8月12日の分
豊田市会場

 高嶺格(鹿児島県)は旧豊田東高校のプールがそのまま作品となっていました。

 豊田市美術館に入って、シール・フロイヤー(イギリス)「Fallen Star」は幻灯機が上に向けてあるのに下に星が映っているというちょっと人を食ったようなインスタレーション。タリン・サイモン(アメリカ)「隠されているものと見慣れぬものによるアメリカの目録」はこれもアートと言うより報道写真のような作品です。レオノール・レイバ・ノボ(キューバ)「革命は抽象である」はいくつかので構成されたインスタレーションですが、観光地などに置かれているコイン式の望遠鏡にコインを入れると報道のような映像が見えます。

四間道・円頓寺会場

 なごのアジールではタブラ奏者のユザーンがずっと演奏を続けています。那古野一丁目長屋は梁志和+黄志恆(香港)は写真によるインスタレーションですが、写っている人がみな後ろ姿。現在の香港の状況に関するメッセージも添えられています。円頓寺銀座街商店跡の葛宇路(中国)は自分の名前が道路の名前みたいだから勝手に自分の名前を道路の名前の標識として建てるという、ある意味犯罪のようなものです。幸円ビルのキュンチョメ(東京)はトランスジェンダーをテーマにした映像他です。メゾンなごのの弓指寛治(三重県)は実際の交通事故をテーマにして、あまり取り上げられない加害者側の視点に立って構成したものです。

 予想以上に政治的主張のある作品が多いと感じました。これは悪いことではなく、「表現の不自由展 その後」も再開して欲しいと強く思います。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー