ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11827] 【東京】都現代美術館/あそびのじかん 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/17(Sat) 00:19:02

 江東区の東京都現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=158
で開催されている夏休み展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「あそびのじかん」〜10/20(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   開館時間:午前10時〜午後6時(8/23、8/30は9時まで、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1200円 大学生・専門学校生・65歳以上850円 中高生600円 小学生以下無料 
      9/16(月・祝)敬老の日は65歳以上の方無料(要年齢証明)
      8/23、8/30(金)の午後5〜9時はサマーナイトミュージアム割引(学生は無料、一般・65歳以上は団体料金)
 「遊んでないで○○しなさい!」と言われ、不真面目で非生産的なものだと思われる一方で、遊びは従来の考えやルールを外れて新しい価値や法則を発見するきっかけにもなる。本展では6組の作家による、こどももおとなも楽しめる作品を紹介します。触ることが出来る作品や、ゲームのような参加型作品で様々な体験をし、遊び心に満ちた作品たちが、そんな束縛をユーモラスにほどく。

開発好明(かいはつ よしあき)
 本展入り口で、受験競争のプレッシャーを表現した巨大なタンス壁《受験の壁》

野村和弘(のむら かずひろ)
 《笑う祭壇》は、台座に向かってボタンを投げ、見事のせることができたら「成功」となる参加型の作品。
ハンバーグ隊:SNSのグループチャットを遊び場に、脈絡のないやり取りの中から∞のキーワードを引き出し、編集したり破壊して作品を展開。
タノタイガ:作家の顔のお面が壁一面にズラリと並ぶ《タノニマス》に来場者が思い思いにデコレーション。
TOLTA(トルタ):言葉が書かれたつみきを自由に組み合わせて、奇妙な文章を作って遊べる参加型作品《ポジティブな呪いのつみき》
うしお:選択肢によってエンディングが複数存在するゲームに着想を得た新作インスタレーションを発表。分

野村和弘 トークパフォーマンス:9/15(日)
      午後1時〜10分「私の仕事、古さと未熟さについて」
      午後3時〜10分「赤のコルパー」

TOLTA「この宇宙以外の場所」朗読とパフォーマンスを行います。
 9/28(土)午後3〜4時 定員30名(先着順) 要入館券

オトナのための遊び講座 「遊び×仕事」(レクチャー)8/23(金)午後7〜8時 定員200名(先着順)手話通訳付
 服部泰宏氏(経営学者)

オトナのための遊び講座「遊び×美術史」(レクチャー)9/29(日)午後3〜5時 定員200名(先着順)
 中尾拓哉氏(美術評論家)、うしお氏(出品作家)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー