ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11806] 【東京】都写真美術館/しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像  投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/15(Thu) 19:49:24

 恵比寿の東京都写真美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=183で始まっている映像の展示を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像 1970年代から現在へ」〜10/14(月・祝)
   月曜休館(祝日の場合は翌日休館)
   料金:一般 500円 学生 400円 中高生・65歳以上 250円
     小学生以下および都内在住・在学の中学生、障害手帳をお持ちの方と介護者は無料
     10/1は都内在住の方は無料
     第3水曜日は65歳以上無料
     8/15(木)〜 8/30(金)の木・金午後5〜9時はサマーナイトミュージアム割引(学生・中高生無料/一般・65歳以上は団体料金)
 日本・ポーランド国交樹立100周年を記念して、東欧の文化大国ポーランドの1970年代以降の美術を、女性作家と映像表現の展覧会を開催。ベルリンの壁崩壊後東側に流れ込んだグローバル経済の波に乗り、EU加盟も果たした21世紀のポーランドで、女性たちによる映像表現の領域で存在感を放つ。本展は、ポーランドの1970年代からの美術の歩みを、その時代背景をふまえながら新たな視点で読み解き、世代を異にする女性アーティストたちが、自身の社会環境で発信する表現方法について、考える。術を、いかに見出してきたかをたどる、きわめて意欲的な展覧会です。
 エヴァ・パルトゥム 《ドローイング TV》 1976年 8ミリフィルム(ヴィデオに変換)、白黒、サイレント (6分1秒)
 ズザンナ・ヤニン 《闘い》2001年 シングルチャンネル・ヴィデオ、カラー、サウンド (9分)
 ヨアンナ・ライコフスカ 《バシャ》 2009年 シングルチャンネル・ヴィデオ、カラー、サウンド (16分) 
 カロル・ラヂシェフスキ 《カロルとナタリアLL》 2011年 写真パネル 
 アンナ・ヨヒメク&ディアナ・レロネク 《ディレクトレシィ(女性館長)》 2017年 シングルチャンネル・ヴィデオ、カラー (7分29秒)

講演会「ポーランド美術とフェミニズム(仮題)」8/18(日)午後 1時30分〜4時30分(開場 1時15分) 
 1 階ホール(定員190名)にて、無料、当日10時より1階受付にて整理券配布
 アンナ・クテラ氏(出品作家)
 マリカ・クジミチ氏(美術史家、アルトン財団代表)
 アグニエシュカ・レイザヘル氏(lokal_30ディレクター)

講演会「クリティカル・アート潮流の中で(仮題)8/31(土)午後1時30分〜4時30分(開場 1時15分)
 1 階ホール(定員190名)にて、無料、当日10時より1階受付にて整理券配布
 加須屋明子氏(キュレーター、美術史家、京都市立芸術大学教授)

担当学芸員によるギャラリートーク
8/16(金) 午後2時〜 ズザンナ・ヤニン(出品作家)がゲスト
8/30(金)午後6時〜
9/6(金)午後2時〜 手話通訳つき
9/20(金)午後2時〜 手話通訳つき
10/4(金)午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー