ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11803] 【千葉】国立歴史民俗博物館/もののけの夏 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/13(Tue) 23:51:24

 佐倉市の国立歴史民俗博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=12&c=42では、日本の妖怪の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特集展示「もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―」〜9/8(日)
    月曜休館(休日の場合は開館し、翌日が休館)
    入館料金:一般600円 大学生250円 高校生以下無料
         障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に無料。
 本館のコレクションから、「百鬼夜行図」や歌川国芳の妖怪浮世絵が、江戸文化の中で果たした役割を紹介。江戸時代には、妖怪や幽霊などの怪異譚や図像の収集が流行したので絵本や錦絵が量産され、幽霊を扱って大人気だった江戸末期の歌舞伎を考えると、怪異を恐れる気持ちと楽しむ気持ちが表裏一体だったことがわかる。無数の妖怪を描く「百鬼夜行」が、幕末の風刺画としても大きな役割を担っていたことを紹介。
【第1章】妖怪研究の流行
   月岡芳年「和漢百物語 頓欲の婆々」 大判錦絵 慶応元年(1865)
   狩野洞雲益信「百鬼夜行図」紙本着色一巻 貞享元年(1684)以前 
【第2章】遊びの中の怪異
   喜多川歌麿「化物の夢」 大判錦絵 寛政(1789〜1801)末期
   歌川芳員「新板化物づくし」大判錦絵 嘉永5年(1852)
【第3章】歌舞伎の中の怪異
   歌川豊国「社代尾上松助の小はだ小平次同女房二役」 大判錦絵 文化5年(1808)
   歌川国芳「東山桜荘子 織越館の場」大判錦絵2枚続 嘉永4(1851)  
   三代歌川豊国「昔語岡崎猫石妖怪」 大判錦絵3枚続 弘化4年(1847) 
   三代歌川豊国「東海道四谷怪談 蛇山庵室の場」
【第4章】 盛り場の怪談
   歌川国芳「曲独楽竹沢藤次」大判錦絵 弘化元年(1844)
   豊原国周「童戯五拾三次之内 四日市」
【第5章】 武者絵の中の妖怪たち
   月岡芳年「於吹島之館直之古狸退治図」大判錦絵3枚続 慶応2年(1866)
【第6章】 幕末世相風刺と百鬼夜行
   歌川国芳「源頼光公館土蜘作妖怪図」大判錦絵3枚続 天保14年(1843) 
   歌川芳盛「昔ばなし舌切雀」大判錦絵3枚続 元治元年(1864) 国立歴史民俗博物館蔵
強欲婆さんが選んだ葛籠から妖怪や毒虫が湧き出す、ご存じの「舌切り

みどころ解説:ガイダンスルームにて、午前11時〜30分 大久保 純一氏(情報資料研究系教授)
   8/17(土) 8/24(土)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー