ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11802] 【東京】国立博物館/三国志/大和四寺/日本のよろい 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/13(Tue) 22:29:00

 上野公園の東京国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=128で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」〜9/16(月・祝) 平成館 特別展示室
   月曜休館(9/16(月・祝)は開館)
   開館時間:午前9時30分〜午後5時(金・土は9時まで、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生900円 中学生以下無料
        障がい者と介護者1名は無料(要手帳提示)相互割引
         観覧券(半券可)提示で100円割引
           「松方コレクション展」(6月11日〜9月23日、国立西洋美術館)
           「恐竜博2019」(7月13日〜10月14日、国立科学博物館)
           「円山応挙から近代京都画壇へ」(8月3日〜9月29日、東京藝術大学大学美術館)
             のいずれかの観覧券(半券可)提示で100円割引
 「リアル三国志」を合言葉に、漢から三国の時代の文物を最新の成果によって読み解く。2世紀末、漢王朝の権威がかげりを見せ、各地の有力武将が歴史の表舞台へと躍り出、魏・蜀・呉の三国が天下を分かち、新時代へと向かう大きなうねりとなった。近年、曹操高陵(そうそうこうりょう)の発掘などで活況を呈する三国志研究について、実物ならではの説得力と迫力を持ってみる。
  関帝廟壁画「張飛、督郵を鞭打つ」清時代・18世紀 内モンゴル自治区フフホト市清水河県水門塔伏龍寺伝来
   内蒙古博物院蔵
  趙雲像 清時代・17〜18世紀 安徽省亳州市花劇楼伝来 亳州市博物館蔵
  豹 (一級文物)前漢時代・前2世紀 1968年、河北省保定市満城区中山靖王劉勝夫婦墓出土 河北博物院蔵
  貨客船 後漢〜三国時代(呉)・3世紀 2010年、広西チワン族自治区貴港市梁君垌14号墓出土 広西文物保護与考古研究所蔵
 「倉天」せん 後漢時代・2世紀 1976〜77年、安徽省亳州市元宝坑1号墓出土 中国国家博物館蔵
  酒樽(一級文物)後漢時代・2〜3世紀 1969年、甘粛省武威市雷台墓出土 甘粛省博物館蔵
 「曹休」印  三国時代(魏)・3世紀 2009年、河南省洛陽市孟津県曹休墓出土 洛陽市文物考古研究院蔵
  蛇矛 石寨山文化期・前2世紀 1956年、雲南省昆明市石寨山3号墓出土 雲南省博物館蔵
  方格規矩鳥文鏡 後漢〜三国時代(魏)・2〜3世紀 1955年、遼寧省遼陽市三道壕1号壁画墓出土 遼寧省博物館蔵
  神亭壺(一級文物)三国時代(呉)・鳳凰元年(272)1993年、江蘇省南京市江寧区上坊墓出土南京市博物総館蔵
  罐 (一級文物)後漢〜三国時代(魏)・3世紀 2008〜09年、河南省安陽市曹操高陵出土 河南省文物考古研究院蔵
  金製獣文帯金具 (一級文物)後漢時代・2世紀 2009年、安徽省淮南市寿県寿春鎮古墓出土 寿県博物館蔵
 「晋平呉天下大平」せん 西晋時代・280年 1985年、江蘇省南京市江寧区索墅磚瓦廠1号墓出土 南京市博物総館蔵
  蟬文冠飾 西晋時代・3世紀 2003年、山東省臨沂市王羲之故居洗硯池1号墓出土 臨沂市博物館蔵 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「奈良大和四寺のみほとけ」〜9/23(月・祝) /本館 11室
   月曜休館(9/16(月・祝)は開館)
   開館時間:午前9時30分〜午後5時(金・土は9時まで、9/20(金)21(土)は10時まで、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般620円 大学生410円(総合文化展観覧料および開催中の特別展観覧券で観覧可)でご覧いただけます。
       子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館者(子ども1名につき同伴者2名まで)は、団体料金
       障がい者と介護者1名は無料(要手帳提示)
       高校生以下および満18歳未満,満70歳以上の方は無料(要証明)で
       9/16(月・祝)は無料(特別展を除く)
 奈良県北東部に所在し、7〜8世紀に創建された古刹・岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文殊院の四寺におさめられた魅力的な仏像。奈良時代に流行した木心乾漆造の岡寺・義淵僧正坐像、平安時代初期の重厚な特色を備える室生寺・釈迦如来坐像、鎌倉時代に高度な技術で造られた長谷寺・十一面観音菩薩立像、安倍文殊院本尊の像内に納められていた文書など国宝4件、重要文化財9件を含む名品を展示。

☆「親と子のギャラリー 日本のよろい!」〜9/23(月・祝) /本館 特別2室

 武士の身を守るためのものだが、戦場での活躍をアピールするために、人目をひくデザインにもこだわった日本のよろい(甲冑)。色あざやかだったり、細かい細工がされていたり、奇抜なかたちだったり…。むかしのよろいと、現代につくられたよろいの製作見本を展示し、その見どころや魅力を紹介。
  重要美術品 金小札紅糸中白威腹巻 安土桃山時代・16世紀
  甲冑製作見本十 草摺三 小澤正実 平成19年(2007) 
  甲冑製作見本十一 立挙一 小澤正実 平成20年(2008) など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー