ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11750] 【兵庫】県立美術館/印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/30(Sun) 23:24:14

 阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27
では、吉野石膏コレクションのフランス絵画を展示中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション」
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    開館時間:午前10時〜午後6時(金土曜は8時まで、 入場は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1300円 大学生900円 70歳以上650円 高校生以下無料
         障がい者一般300円 大学生200円(障がいのある方1名につき介護者1名は無料

 山形県発祥の建築資材会社、吉野石膏株式会社は、1970年代から日本近代絵画、1980年代後半からはフランス近代絵画の収集を開始した。1991年山形美術館に作品を寄託し、モネ、ピサロ、ルノワール、シャガールらの作品を公開し、吉野石膏美術振興財団を設立、若手芸術家の育成や美術における国際交流の支援などにも力を注ぐ。西洋近代美術の名品を多数所蔵し、質量ともに充実した国内有数のコレクションから、19世紀半ばのバルビゾン派にはじまり、印象派を経て、キュビスムから抽象絵画へと至るモダン・アートの展開を軸に、エコール・ド・パリまで、近代美術の歴史を72点の作品によって紹介。
  クロード・モネ《睡蓮》1906年
  ピエール=オーギュスト・ルノワール《庭で犬を膝にのせて読書する少女》1874年
  アルフレッド・シスレー《モレ=シュル=ロワン、朝の光》1888年
  アンリ・ルソー《工場のある町》1905年

学芸員による解説会:7/6(土)、20(土)午後4時〜約60分
  レクチャールームにて(定員100名)入館券のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー