ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11730] 【新潟】市美術館/インポッシブル・アーキテクチャー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/31(Fri) 23:52:28

 新潟市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=15&c=2
では、ちょっと変わった建築の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史」〜7/15(月・祝)
     月曜休館(祝日は開館)
     入館料金:一般1000円 高大生800円
 完成に至らなかった構想や、あえて提案に留めた刺激的なアイディアなど、いわゆるアンビルト/未完の建築には、作者の夢や思考がより直接的に表現されている。
 20世紀以降の国外、国内のアンビルトの建築に焦点をあて、それらを仮に「インポッシブル・アーキテクチャー」と称し、建築の不可能性に焦点をあてて、逆説的にも建築における極限の可能性や豊穣な潜在力が浮かび上がらせるー約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」の図面、模型、関連資料などを通して、未だ見ぬ新たな建築の姿を展望。
 藤本壮介《べトンハラ・ウォーターフロント・センター設計競技1等案》CG画像、2012年
 会田 誠《シン日本橋》
 マーク・フォスター・ゲージ《グッゲンハイム・ヘルシンキ美術館》CG映像、2014年  など
 ヤーコフ・チェルニホフ、書籍『建築ファンタジー 101のカラー・コンポジション、101の建築小図』より挿図、1933年
 ウラジーミル・タトリン「第三インターナショナル記念塔」(1919-20年)コンピューター・グラフィックス、1998年

シリーズレクチャー:各日とも午後2時〜(約90分)当日先着順(80名)
6/22(土)「アンビルト概説−ロシアを中心に」前山裕司氏(館長)
7/14(日)「父・村田豊の建築」村田あが氏(村田豊長女、跡見学園女子大学教授)

みどころ解説「なぜ建物は建たなかったのか」午後2時〜(約60分)
7/7(日)藤井素彦氏(学芸員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー