ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11723] 【大阪】府立近つ飛鳥博物館/寛弘寺古墳群と紺口県主−古墳時代の地域と王権− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/03(Fri) 22:38:54

 河南町の大阪府立近つ飛鳥博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=174で開催中の企画展の紹介をします。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆平成31年度春季企画展「寛弘寺古墳群と紺口県主−古墳時代の地域と王権−」〜7/7(日)
   月曜休館(祝日は開館、ただし5/7(火)と5/8(水)は休館)
   入館料金:一般430円 65歳以上・高大生330円
        障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名含む)無料
 「記紀」「風土記」の伝承では、「大化の改新」以前に天皇の直轄地の首長、国造(くにのみやつこ)の下の地域首長として 「県主(あがたぬし)」が表現される。大阪府内では、摂津の高槻市・茨木市に三島県主(みしまのあがたぬし)、 河内の八尾市に三野県主(みののあがたぬし)、柏原市に大県主(おおのあがたぬし)、藤井寺市に志貴県主(しきのあがたぬし)、 富田林市に紺口県主(こむくのあがたぬし)、和泉(当時は河内)の国に茅渟県主(ちぬのあがたぬし)の6首長が知られ、神の霊をとどめ、託宣を聞くなど宗教的な性格を帯び、祭祀にかかわった。
 本展では、現在の南河内付近を治めたとされる「紺口県主」の領域と考えられる地域の中で 河南町西部、千早川西側の丘陵上に位置する寛弘寺古墳群を取り上げ、周辺の古墳などとの比較から、古墳時代の地域首長の姿を考える。
   水晶製切子玉(寛弘寺75号墳)衝角付冑(寛弘寺75号墳)
   半円方形帯二神二獣鏡(寛弘寺10号墳)巫女形埴輪(寛弘寺17号墳)勾玉・管玉・石釧(寛弘寺12号墳)

講演会:地階ホールにて、午後1時30分〜午後3時(入場1時より) 定員200名 整理券は当日10時より受付にて配布
  入館手続きをお済ませの上、整理券をお取りください。

5/12(日)「三島県主と摂津の古墳」森田 克行氏(高槻市立今城塚古代歴史館 特別館長)
6/2(日)「群集墳の展開とヤマト王権」右島 和夫氏(群馬県立歴史博物館 館長)
6/16(日)「紺口県主と「県主」研究の現在」舘野 和己氏(館長)

土曜講座(オーサカ発 調査研究最前線)
 地階ホールにて、午後2〜午後3時(入場1時より) 定員200名
 参加費200円(当日の入館のリーフレットまたは年間パスポートの提示で無料)
第122回5/25(土)「百舌鳥・古市古墳群の時代と寛弘寺古墳群」廣瀬 時習氏(総括学芸員)
第123回6/22(土)「寛弘寺古墳群の後期古墳」森本 徹氏(副館長兼学芸課長)

現地見学会「三野県主と生駒西麓の古墳」6/1(土)午前10時〜午後4時ごろ 
定員45名(要事前申込。応募者多数の場合は抽選。)
参加費300円(資料代・保険代)近鉄大阪線 河内山本駅集合〜近鉄信貴線 服部川駅解散 行程約8km(坂道多い)
申込方法:往復ハガキにて
 往信ハガキに代表者の住所、氏名、年齢、電話番号
 返信ハガキに 返信用宛名  1通につき3名様まで申込可(必ず参加者全員の名前を記入)
〒585−0001 南河内郡河南町大字東山299番地 大阪府立近つ飛鳥博物館「現地見学会」係 5/21(火)必着

学芸員による展示解説:午後2時〜30分
5/6(月・振) 5/26(日) 6/15(土)6/30(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー