ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11720] 【京都】国立博物館/国宝 一遍聖絵と時宗の名宝 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/03(Fri) 10:10:46

 東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=62
では鎌倉仏教の祖の一人、一遍上人の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展 時宗二祖上人七百年御遠忌記念
 「国宝 一遍聖絵と時宗の名宝」 前期:〜 5/12(日)
            後期:5/14(火)〜6/9(日)
   月曜休館(祝日は開館、5/7(火)休館)
   開館時間:午前9時30分〜午後6時(金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1500円 大学生1200円 高校生900円 中学生以下無料
         障害者手帳等を提示の方と介護者1名無料
 踊り念仏で知られる一遍(1239〜89)が鎌倉時代に開いた時宗。一遍は念仏往生を説いて全国を行脚(遊行)して念仏札を配り(賦算)、布教につとめたが、教団として整備し発展させたのが二祖の真教(1237〜1319)。本展では、全国各地を遍歴した一遍の生涯を描いた国宝「一遍聖絵」(清浄光寺(遊行寺)蔵)をはじめ、真教の足跡もつづられた「遊行上人縁起絵」、一遍や真教ら歴代祖師の肖像画や肖像彫刻など、時宗の名宝の全貌を紹介。「一遍聖絵」を12巻全巻公開し、事前調査によって発見された作品など、新たな研究成果も紹介。
 1章 浄土教から時宗へ
  重文 阿弥陀如来立像 京都・知恩院 
  重文 二河白道図 島根・萬福寺(前期展示) 
 2章 時宗の教え 一遍から真教へ
  遊行上人縁起絵断簡 奈良・大和文華館(前期展示)
  重文 真教上人書状 寿阿弥陀仏宛(遊行歴代他阿弥陀仏書状類のうち) 京都・長楽寺(後期展示)
 3章 国宝 一遍聖絵の世界
  国宝 一遍聖絵 円伊筆 神奈川・清浄光寺(遊行寺)
 4章 歴代上人と遊行 時宗の広まり
  重文 真教上人坐像 神奈川・蓮台寺
  重文 一鎮上人坐像 康俊作 京都・長楽寺
 5章 時宗の道場とその名宝
  毘沙門天立像 京都・極楽寺
  国宝 洛中洛外図屏風(舟木本)右隻 岩佐又兵衛筆 東京国立博物館(5/28〜6/9展示) など


記念講演会:平成知新館 講堂にて、午後1時30分〜3時、定員200名、入館券のみ
      正午より平成知新館1Fグランドロビーにて整理券を配布(定員にて配布終了)
5/11(土)「国宝 一遍聖絵─旅と風景、その魅力と謎─」井並 林太郎氏(研究員)
5/18(土)「時宗のみほとけ─阿弥陀と祖師像を中心に─」淺湫 毅氏(連携協力室長)
5/25(土)「一遍聖絵に見る聖性と熊野信仰」遠山 元浩 氏(遊行寺宝物館長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー