ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11701] 【京都】府京都文化博物館/太田喜二郎と藤井厚二 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/29(Mon) 23:02:44

 三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=44で、総合展示室内で開催中の展示を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「太田喜二郎と藤井厚二ー日本の光を追い求めた画家と建築家ー」〜6/23(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   午前10時〜午後6時(金曜日は7時30分まで、入室は閉館30分前まで)
   入館料金:一般500円 大学生400円 高校生以下無料
 近代京都の洋画家で、東京美術学校を卒業後、ベルギーに留学し、明るい光を印象派風の点描で描く技法を身につけた太田喜二郎と、近代京都の建築家で、東京帝国大学を卒業、西洋の技術を取り入れて日本の気候風土にあう住宅を追究した藤井厚二。本展は、絵画と建築というジャンルの異なる二人について、京都帝国大学(現・京都大学)建築学科での交流を通じ紹介。太田は自邸の設計を藤井に任せ、また二人は茶事などを通じて交流を深る、太田と藤井の仕事を、新発見の資料などを踏まえて、絵画と建築をクロスさせた新たな視点から紹介。
  太田喜二郎「樹陰」1911年
  太田喜二郎「帰農」1915年
  藤井厚二設計「聴竹居」重要文化財 1928年 写真:古川泰造
  藤井厚二設計「太田邸新画室(アトリエ)」1924年竣工 1931年増改築 写真:古川泰造

シンポジウム「太田喜二郎と藤井厚二」6/2(日)午後2〜5時、別館ホール(定員170名)にて
       要事前申込み(館サイトより)先着順
パネリスト:石田潤一郎氏(武庫川女子大学客員教授/京都工芸繊維大学名誉教授)
      中谷至宏氏(京都市美術館)、松隈章氏(竹中工務店)、山田真規子氏(目黒区美術館)、
      植田彩芳子氏(学芸員)

ぶんぱく京都講座「太田喜二郎の画業と生涯」:6/16(日)別館2階講義室(定員40名)参加費500円、
   要事前申込み(館サイトより)
【講 座】午後1時30分〜3時
【特別解説】午後3時30分〜4時(希望者向け、展示室での特別解説)
 植田彩芳子氏(学芸員)

学芸員によるギャラリー・トーク:5/24(金)6/7(金)6/14(金)午後6時〜30分程度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー