ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11699] 【東京】静嘉堂文庫美術館/日本刀の華 備前刀展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/29(Mon) 21:29:13

 二子玉川の静嘉堂文庫美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=206では、日本刀の展示をすると共に、曜変天目茶碗の一つを展示中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「日本刀の華 備前刀展」〜6/2(日)
    月曜休館(祝日は開館)5/7(火)休館
    開館時間:午前10時〜午後4時30分(入館は4時まで)
    入館料金:一般1000円 高大生700円 中学生以下無料
 上質な原料や水運の利に恵まれ、平安時代より優れた刀工を輩出し、圧倒的な生産量を誇り、今日「刀剣王国」と称される備前。「腰反(こしぞ)り」の力強い姿と、杢目(もくめ)を主体とした精緻な地鉄(ぢがね)に、「丁子乱(ちょうじみだ)れ」と呼ばれる変化に富んだ刃文が特徴とされ、鎌倉武士や戦国武将たちに用いられた。静嘉堂の蔵刀を中心に、重要文化財4振、重要美術品11振を含む在銘作約30振を精選し、「古備前(こびぜん)」と呼ばれる初期の刀工群から、一文字・長船・畠田・吉井・鵜飼など各流派による作風の展開をたどり、江戸幕府の御用をつとめた後藤家歴代とその門流(脇後藤)による刀装具を展示。さらに国宝「曜変天目(「稲葉天目」)」を特別出品。

講演会:午後1時30分〜 地階講堂にて 定員120名、無料、当日開館時より整理券配布(1名につき1枚
 5/26(日)「静嘉堂の備前刀について」吉川永一氏(日本刀剣保存会 幹事)
 5/5(日)河野元昭館長のおしゃべりトーク「浦上玉堂―酒仙画家 饒舌館長 口演す」

職方実演会「日本刀にたずさわる職方の技」5/18(土) 午前10時〜12時、午後1時〜4時30分 地階講堂にて
 実演:水野美行氏(日本刀鞘師)、小澤茂範氏(刀匠)、川上陽一郎氏(研師)
 当日受付、300円(入館料別)。

静嘉堂コンサート 「100万人のクラシックライブ」
 5/11日(土)午後2時〜 地下講堂にて 参加料円(入館料別途必要) 予約制

列品解説

展示内容・作品につい:担当学芸員(展示室または講堂にて)
午前11時〜:6/1(土)
午後2時〜 :5/9(木)・5/23(木)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー