[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.11695] 【長野】これからの展覧会 投稿者:   投稿日:2019/04/21(Sun) 21:13:43

こんにちは

 長野県内の展覧会チラシをいくつか入手したので、まとめて紹介します。

間島秀徳 アース・ダイビング
  八ヶ岳美術館 4/6〜6/30

メイメイアート 3
  茅野市美術館 4/25〜5/12

自然を見つめて 
  諏訪市美術館 2/23〜5/6

原田泰治と行く花を見る旅
  諏訪市原田泰治美術館 4/18〜8/4

色彩を観る
  サンリツ服部美術館 4/12〜2020/3/8

日本・中国絵画展 画家たちの技と表現
  サンリツ服部美術館 4/12〜6/30

アールヌーヴォーのガラス展 バラに捧ぐ
  北澤美術館 4/4〜2020/3/10

千田泰広展
  安曇野市豊科近代美術館 4/27〜6/2

面白すぎる!! 北斎漫画の世界III
  北斎館 3/30〜6/9

天使とキューピッド
  ペイネ美術館 3/1〜7/10

しーん。|山極満博
  小海町高原美術館 4/6〜6/2

以下は場所として未紹介です。

安曇野まつかわ みつはしちかこ展
  松川村多目的交流センターすずの音ホール 5/1〜5/12

星野富弘 花の詩画展
  富士見パノラマリゾート 5/2〜6/16

触れる美術展2019
  ギャラリー82 4/14〜5/2


  [No.11696] 【長野】八ヶ岳美術館/間島秀徳 投稿者:   投稿日:2019/04/21(Sun) 22:02:27

こんにちは

 今日見てきたのは八ヶ岳美術館の「間島秀徳 アース・ダイビング」でした。

 最初にチラシを見たときはビデオインスタレーションかと思いました。実は日本画であり、日本画だけれどもタイトルは"Kinesis...."と英語で付けられています。

 巨大な画面に山や海が描かれているようですが、ほとんど抽象のように見え、あまりタイトルに意味はないように感じられたので、途中からタイトルを見るのはやめました。

 展示室の両側にこれが並ぶと空間を染め上げるような感じで、空間として考えると優れた作品だと思いました。ある意味インスタレーションです。
 


  [No.11729] 【長野】北澤美術館/バラに捧ぐ 投稿者:   投稿日:2019/05/25(Sat) 22:16:10

こんにちは

 諏訪市の北澤美術館はリニューアルオープン以来、1年間の企画展となっています。2019年度は作家ではなく題材にスポットを当てたものになっています。ただ、実際にバラの作品は一部であり、他も展示されています。新収蔵品もあり、良かったと思います。

 しかし、ここは2Fの近代日本画にももっと注目を当てたいと思います。現在は「北澤コレクション名品展 春」です。東山魁夷や杉山寧といった有名画家の他、平川敏夫「小松原観音春宵」、吉田善彦「岡本の春」、那波田目功一「春」といった作品が非常に良かったと思います。


  [No.11733] 【長野】小海町高原美術館/山極満博 投稿者:   投稿日:2019/06/03(Mon) 22:52:01

こんにちは

 6月2日で終わってしまいましたが、1日に小海町高原美術館の「しーん。|山極満博」に行ってきました。

 ここはお気に入りの所になりつつあります。今回は車で麦草峠を越えて行きましたが、一応、小海駅からのバスも出ています。実は、最寄駅は小海駅ではなく隣の松原湖駅であり、松原湖駅からだと3kmくらいだと思います(ただし、ずっと上り坂)。

 展示の特徴は、作品の近くにはタイトル他のキャプションはなく、受付でもらえる作品リストを見るようになっています。作品そのものだけでなく展示方法も含めたインスタレーション的な作品群であり、全体で「しーん。」という作品のようなものです。エレベーターと壁の間の狭い隙間に絵画作品があったり、遠くに置かれたものを双眼鏡で見たりといった、変わった展示もあります。考えてみると、この美術館の造りはこのような展示をしやすいようにできていると感じます。
 「いろとかたちのおきかえ」というタイトルの作品が何点もあります。これがチラシにも載っているこの展覧会を象徴する作品だと思います。カラフルな幾何学的絵画ですが、その前に置いてあるものと比べると、これは実はスポンジたわしを描いたものであるとわかります。
 2点ある「だれかいる」は狭い部屋になった作品で、1点は音が断続的に聞こえます。もう1点は「Collaboration with Spiders」となっていて、クモがいるのでしょうか。

 近くにある展望台にもこの展覧会の作品2点がありました。