ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11664] 【東京】国立近代美術館/福沢一郎展[3/12(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/10(Sun) 15:30:56

 竹橋の東京国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=14で、今週3/12(火)からはじまる展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」3/12(火)〜5/26(日)
   月曜休館(3/25、4/1、4/29、5/6は開館)、5/7(火)休館
   開館時間:午前10時〜午後5時(金土曜は8時まで、入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1200円 大学生800円
        高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料(要手帳提示)
 1930年代の日本にフランスのシュルレアリスム(超現実主義)を紹介して前衛美術運動のリーダーとして活躍し、戦後まで生涯を通じて社会批評を作品として表現し続けた福沢一郎(1898-1992)。シュルレアリスムの紹介者としてのみ語られることが多かった福沢だが、一人の画家として障がいどのように社会と向き合ったかに着目する。
 《Poisson d'Avril(四月馬鹿)》1930年
 《煽動者》1931 年 
 《牛》1936 年 
 《女》 1937 年
 《敗戦群像》1948 年 
 《埋葬》1957年 
 《トイレット・ペーパー地獄》1974 年
 《悪のボルテージが上昇するか21世紀》1986年 など


講演会:地下1階講堂にて、午後3〜4時30分(開場は開演30分前)申込不要(先着140名)、入館券のみ(使用済み半券可)
第1回 4/13(土)伊藤佳之氏(福沢一郎記念館非常勤嘱託)
第2回 5/18(土)大谷省吾氏(美術課長・本展企画者)

ギャラリートーク:1F企画展ギャラリーにて、午後3〜4時、申込不要
第1回 4/21(日)古舘遼氏(研究員)
第2回 5/11(土)大谷省吾氏(美術課長・本展企画者) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー