ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11633] 【京都】美術館「えき」KYOTO/久保 修 切り絵の世界[3/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:57:47

 美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=70で3/9(土)から開催される展示を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「久保 修 切り絵の世界−紙のジャポニスム−」3/9(土)〜4/7(日)
     会期中無休
     開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般800円 高大生600円 小中生400円
          障害者手帳ご提示の方と同伴者1名無料
 大学建築科在学中に切り絵に出会い、独学で始めた切り絵画家、久保 修くぼ しゅう(1951年―山口県美祢市生まれ)は様々な素材を使い表現するミクストメディア(混合技法)と呼ばれる独自の技法を築きあげ、質感や立体感、遠近感を感じさせ、線の太さによって光と影を表現。描いた絵を和紙と重ねてアートナイフで切り抜くが、残った黒い線が全てつながっているのが大きな特徴。旅行記の新聞連載や郵便ふるさと切手、年賀はがき、飲料缶などで作品が使われ、2010年には文化庁文化交流使としてニューヨークを拠点に活動、また国際交流基金主催事業などで継続的に日本文化を紹介。本展では季節の食材や京都の風景を切り取った作品など、約100点の切り絵を紹介。
  「アスパラガス」「甘鯛」「東茶屋街情景」「ハス畑の風景」「通り雨」「順風」 など

久保 修 ギャラリー・トーク:3/9(土)10(日)24(日)25(月)午前11時・午後1時30分・3時〜
  3/23(土)午後1時30分・3時〜 約30分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー