ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11631] 【滋賀】大津市歴史博物館/フェノロサの愛した寺 法明院[3/2(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:55:25

 大津市役所近くの大津市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=1では、この近所の名刹について、3/2(土)から展示が始まります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆第78回企画展「フェノロサの愛した寺 法明院―三井寺北院の名刹―」3/2(土)〜4/14(日)
    月曜、3/22(金)休館
    入館料金:一般600円(480円)高大生300円(240円)小中生200円(160円)
      ※( )内は15名以上の団体、大津市内在住の65歳以上の方、
      大津市内在住の障がい者・介護保険の要介護者・要支援者の方の割引料金(要証明)。
 明治時代、アメリカから来日し、日本美術の普及に努めたアーネスト・E・フェノロサが愛し、イギリスで亡くなる時に帰りたいと願った場所が三井寺の北、長等山の中腹に位置する法明院。この寺は、園城寺(三井寺)の僧房の一つとして、享保8年(1723)、義瑞性慶(1667-1737)に開かれ、「園城の律院」と称され、学問の寺として栄えた。堂内には、近世文人画の巨匠・池大雅、円山応挙、鶴沢派の三代目・鶴沢探索らによる障壁画が数多く残される。日本美術に傾倒したフェノロサやウィリアム・S・ビゲローらは、この寺に葬られた。本展では、フェノロサやビゲローにゆかりの法明院の絵画や彫刻、古文書、聖経など様々な宝物を展示し、その歴史を紹介。
  義瑞性慶坐像 江戸時代(18世紀) 
  法明院境内之図 2通 享保8年(1723) 
  義瑞大和尚遺誡 1巻 元文2年(1737) 
  仏涅槃図 1幅 宝永4年(1707) 
  大津市指定 山水図 円山応挙筆 7面 明和2年頃(1765) 
  紙本著色群鶴図 鶴沢探索筆 壁貼付4面・襖8面・腰高障子2面 明和2年頃(1765)
  フェノロサ肖像写真 明治時代(19世紀)
  ビゲロー肖像写真 明治時代(19世紀)
  フェノロサとビゲロー関係史料 一括 明治時代(19世紀)
  遺品贈呈目録 1通 明治23年(1890) 
  フェノロサ墓碑銘草稿 1紙 明治42年(1909) など

れきはく講座(講演会):有料、要申込
3/16(土)「現地見学会 フェノロサ・ビゲローのお墓参り」鯨井 清隆氏(学芸員)
3/23(土)「『法明院障壁画』を考える」五十嵐 公一 氏(大阪芸術大学教授)
3/30(土)「フェノロサ ―社会進化論と美術と仏教」佐藤 道信 氏(東京藝術大学教授)
4/6(土)
「法明院を愛したフェノロサとビゲロー」井上 瞳 氏(愛知学院大学准教授)
4/13(土)「フェノロサの愛した日本美術 ―『東洋美術史綱』を読む」大久保 美春 氏(比較文化研究者)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー