ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11629] 【神奈川】横浜市民ギャラリー/昭和後期の現代美術[3/1(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:52:23

 桜木町の横浜市民ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=10では、3/1(金)から現代美術のコレクション展が始まります。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆横浜市民ギャラリーコレクション展2019「昭和後期の現代美術 ―1964〜1989―」3/1(金)〜3/17(日)
     会期中無休
     午前10時〜午後6時(入館は5時30分まで)
     入館無料
 1964年の開館以来、横浜市民ギャラリーは、1989年の横浜美術館開館まで市内の美術施設として中心的な役割を果たしてきたので、所蔵作品にも当時の横浜の美術シーンが反映されている。1989年は昭和の最終年なので、その背景には「昭和」が深く関わり、現代美術を紹介する年次企画展「今日の作家展」の出品作家の作品を中心におよそ50点を展示し、横浜を舞台に発表された当時─昭和後半期の表現を考察。
 池田龍雄《連作BRAHMANより V章 点生》1981年 油彩、アクリル、紙 
 斎藤義重《ボウパンC・青》1971年 合成樹脂、アルミ板 
 中林忠良《転位’88-地-iI(横浜A)》1988年  エッチング、アクアチント
 高松次郎《青の線と面》1983年 ガッシュ、紙
 村上善男《R気団 76-7》1976年 アクリル、コラージュ、キャンバス
 若江漢字《Winter》1990年 ステンシル
 岡本太郎《まひる》1963年  油彩、キャンバス
 菅木志雄《Spreading Wood ’86》1986年 木、自然石

特集展示「吉仲太造、その表現」
 昭和後期を舞台に実験的な制作を続けた吉仲太造(1928-1985)の全収蔵作品を展示し、表現や時代性を掘り下げ。
 吉仲太造《死の売り声(釘A)》1963年 新聞紙、釘、綿、白土顔料、パネル
     《夜》1974年 シルクスクリーン、油彩、キャンバス

関連イベント(いずれも参加無料、申込不要)
講演:3/3(日)午後2時30分〜4時 4階アトリエにて
「1964年から:現代美術と横浜市民ギャラリー 吉仲太造を中心に」光田由里氏(美術評論家)

学芸員によるギャラリートーク:3/10(日)午後2時〜30分
鑑賞サポーターによるトーク:3/9(土)、3/16(土)午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー