ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11625] 【大阪】司馬遼太郎記念館/『梟の城』――あらためての忍者の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 00:28:55

 東大阪市の司馬遼太郎記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=157で開催中の展示を紹介します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「『梟の城』――あらためての忍者の世界」〜5/6(月・振)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:大人500円 中高生300円 小学生200円
 信長の伊賀攻めで滅ぼされた伊賀忍者の残党で、豊臣秀吉の命を狙う葛籠重蔵、それに絡む男女の忍者など、技能をもって生きる職能集団として忍者を描いた司馬遼太郎の最初の長編小説『梟の城』。
 本展では登場人物や時代背景等の作品の世界を紹介し、自筆原稿、初版本、掲載誌なども展示し、伊賀流忍者博物館所蔵の忍具も展示し、忍者の世界をリアルに表現。
 自筆原稿『梟の城』冒頭部分1枚
 第42回直木賞受賞時の写真(
 各社から出版された『梟の城』13冊(単行本3冊、新書4冊、文庫6冊)
「作品の跡を訪ねて はじめての長編『梟の城』」(「小説新潮」1964年5月号 写真提供:新潮社)  
『梟のいる都城』連載第1回「おとぎ峠(一)」(複製パネル、「中外日報」切抜)
 忍具(伊賀流忍者博物館蔵)
  手裏剣(十字手裏剣、六方手裏剣など)
  まきびし(鉄製のものなど)
  苦無(くない:物を破壊する。土を掘る。格闘に使用。様々な用途がある)など10種類
『梟の城』を執筆した文机(幅81.5cm 奥行55cm 高さ33cm)
 忍者が登場する作品の本と掲載誌(紙)
 『風神の門』(「東京タイムズ」)
 「果心居士の幻術」「最後の伊賀者」(「オール讀物」)
 「伊賀者」(「週刊読売」)
 「伊賀の四鬼」「飛び加藤」(「サンデー毎日」)        など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー