ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11621] 【静岡】市美術館/起点としての80年代 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 23:51:12

 静岡駅直結の静岡市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=3では、現代の美術の年代記を開催中です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「起点としての80年代」〜3/24(日)
    月曜休館(祝日は開館)祝日の翌日休館
    入館料金:一般1100円 高大生・70歳以上700円 中学生以下無料
         障害者手帳等持参者と介助者原則1名は無料
         80年代割引!1980−1989年生まれの方800円!(要身分証提示・他割引併用不可)
         静岡県立美術館「1968年 激動の時代の芸術」展(2/10−3/24)の観覧券(半券可)提示で、本展を団体料金
 1980年代は70年代までのコンセプチュアルで禁欲的な表現から「インスタレーション」や「メディア・アート」など、自由奔放で多様な作品が一気に生まれ「美術」に代えて「アート」という言葉がよく使われるようになった。
 「具体」や「もの派」など70年代までの戦後現代美術の研究は急速に進み、サブカルチャーと共に90年代以降の表現が注目されるなか、80年代の検証はまだこれからでしょう。
 本展は、「メディウムを巡って」「日常とひそやかさ」「関係性」「記憶・アーカイヴ・物語」という4つのキーワードで、19人の作家を紹介して1980年代の日本の美術を見つめる。また静岡の80年代のアートシーンの一端を紹介する「Shizubi Project 7 アーカイヴ/1980年代−静岡」も多目的室で同時開催。
  松井智恵《あの一面の森に箱を置く》
  舟越桂《冬の本》1988
  吉澤美香《無題(テーブル)》《無題(茶だんす)》《無題(掃除機)》《無題(三脚)》
  大竹伸朗《家系図》1986ー88年
  日比野克彦《PRESENT AIRPLANE》1982年
  森村泰昌《肖像(ゴッホ)》1985年 など

学芸員によるギャラリートーク:3/10(日)午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー