ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11608] 【神奈川】川崎市市民ミュージアム/都市×モニュメント×カタストロフィ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/22(Fri) 00:12:04

 等々力の川崎市市民ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=45で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「都市と人間」コレクション展「都市×モニュメント×カタストロフィ」前期:〜3/3(日)
                                   後期:3/5(火)〜4/14(日)

     月曜休館(祝日の場合は翌日) 3/22(金)休館
     本展は無料
 都市に生きる人々の記憶は、人災や自然災害などの大きな変化によって創り出され、モニュメント化されて、その場に記録される。本展では、当館の設立コンセプトである「都市と人間」をテーマに、《都市×モニュメント×カタストロフィ》をキーワードとして、川崎・パリ・東京の都市像に焦点を当てる。記憶が折り重なる三つの都市の姿を、市民ミュージアムの収蔵品で紹介。

アートギャラリー1:川崎×工場×開発
 明治より工業都市として発展した川崎は、一方で昭和20年代には工場排水や大気汚染による公害問題が発生。
    《横浜精糖株式会社》コロタイプ印刷、明治時代【通期展示】
アートギャラリー2:パリ×建築×コミューン
 パリを形作る建造物が、都市開発や1871年に発生したパリ・コミューンによって破壊され、移り変わる都市像。
    アシーユ・キネ《パリの眺望》鶏卵紙、1870年代【前期展示】
    ウジェーヌ・アジェ《オー通り レイヌアール通りとパッシー河岸の間》鶏卵紙、1901年【後期展示】
アートギャラリー3:東京×娯楽×関東大震災
 江戸の面影を残しつつ娯楽の場として発展していく明治の東京は、大正12(1923)年に発生した関東大震災によって一変。
    《東京淺草凌雲閣真景》石版多色、明治23年(1890)【通期展示】
    《猛火ニ包囲サレタル浅草観世音之真景》石版・紙、大正12年10月15日【通期展示】 など
 
学芸員による展示解説:2/23(土)3/23(土)4/6(土)午後1時〜30分程度 2F アートギャラリー
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー