ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11607] 【大阪】あべのハルカス美術館/驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/22(Fri) 00:11:03

 あべのハルカス美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=20
では、明治の超絶技巧アートを展示中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」〜4/14(日)
     3/4(月)18(月)休館
     開館時間:午前10時〜午後8時(月土日祝は6時まで、入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般1300円 高校生900円 小中生500円
 19世紀後半、日本での明治には、欧米の万国博覧会で日本の工芸品が注目された。野菜や果物、自在に動く動物や昆虫、など、自然を証言した精緻な装飾や細かな細工の器やオブジェが輸出された。近年注目の高まる明治工芸と、そのDNAを受け継ぐ現代の作家たちによる超絶技巧の競演を見る。
 【自在】(可動式の金工)《飛鶴吊香炉》高瀬好山(1869〜1935)
 【七宝】《紫陽花図花瓶》並河靖之(1845〜1927)
 【陶磁】《Arcadia》稲崎栄利子2016年
 【木彫】《一刻:皿に秋刀魚》前原冬樹2014年
 【牙彫】安藤緑山《パイナップル、バナナ》(1885〜1959) など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー