ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11603] 【広島】奥田元宋・小由女美術館/吉村芳生 超絶技巧を超えて[2/22(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/21(Thu) 21:32:00

 三次市の奥田元宋・小由女美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=57で明日2/22(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「吉村芳生 超絶技巧を超えて」2/22(金)〜4/7(日)
     3/13(水)のみ休館
      開館時間:午前9時30分〜午後5時(3/21(木・祝)は9時まで、入場は閉館時間の30分前まで)
      入館料金:一般1000円 高大生500円 中学生以下無料
             ペアチケット〔一般男女のペアのみ〕 1800円(2名分)
             身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者健康福祉手帳をお持ちの方は無料

 鉛筆を使ってひと文字ずつ描き写された新聞の一面や、一年間の自らの顔を描いた365枚の自画像など、「超絶技巧」を超えた独自の作品を描き出した吉村芳生の画業を紹介。1950年、山口県防府市生まれ、1976年に上京、版画を学び公募展、国際展などに出品。1985年からは現在の山口市徳地に居を移し2007年に開催された「六本木クロッシング2007:未来への脈動」(森美術館)への出品で全国的に脚光を集めたが、2013年に病により早逝。本展では、初期のモノクロームによる「ドローイング写真」のシリーズや、代表的なシリーズとなる「新聞と自画像」の一連の作品、色鉛筆によって克明に描きこまれたコスモス畑やフジの花など、代表作を含むおよそ60件の作品を一に紹介。
    《無数の輝く生命に捧ぐ》2011−2013年 色鉛筆、紙
    《SCENE 85-8》1985年 鉛筆、紙
    《新聞と自画像 2008.6.15 中国新聞》2008年 鉛筆、色鉛筆、水性ペン、炭、水彩
    《コスモス》2004年 色鉛筆、紙
  
特別ギャラリートーク :3/17(日)午後2時から30〜1時間程度
 吉村大星 氏(画家/吉村芳生 長男)事前申し込み不要

当館学芸員によるギャラリートーク:2/24(日)3/1(金)3/31(日)午後1時〜 事前申し込み不要

関連講演会:3/24(日)午後1時〜1時間程度
「1970〜80年代、広島の現代美術を通して」金田晋 氏(美学者/広島大学名誉教授)
  ロビーにて、定員50名(参加希望申し込み制)
   
茶室「待月庵」呈茶:会期中の土日祝を中心に(有料)

満月ロビーコンサート:3/21(木祝)ロビーにて午後2時〜/7時〜 無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー