ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11599] 【宮城】仙台文学館/資料が伝える物語 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/20(Wed) 23:16:21

 仙台文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=04&c=5で開催中の企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「資料が伝える物語〜2013年以降の新収資料から〜」第II期 〜3/31(日)
     月曜休館(祝日は開館)祝日の翌日、第4木曜日
     入館料金:一般570円 高校生230円 小中生110円

 仙台文学館に寄贈いただいた書籍・雑誌・原稿・書簡・書画などの文学資料の中から、自筆資料を中心とした新収資料展を開催。明治時代の仙台と当時の人々の様子を記した書簡、文学者と仙台の縁を感じさせる愛用品など、今まであまり知られていなかった“物語”を秘めたものが多く、それらの資料が伝える“物語”を通して、仙台ゆかりの文学者にスポットをあてる。
 明治のラブレターが現代に伝える多くのこと
   −明治期に仙台で活躍し、島崎藤村らと交流のあった画家・布施淡(あわし)と、
    のちに妻となる加藤豊世(とよせ)が交わした往復書簡
 向田邦子と仙台−向田邦子と愛用した万年筆・眼鏡・原稿・校正刷りなど
 “感激屋”晩翠先生−土井晩翠が教え子の卒業にあたって贈った色紙など
 若き日の北杜夫の足跡−北杜夫が学生時代に下宿していた家の家族に送ったはがきなど
 お宝開陳!−仙台の民謡詩人・研究家の渡辺波光の資料や、岩出山のコレクター・増井三夫が収集した資料群
 あの文学者と仙台との意外なつながり−有島武郎、柳原白蓮らの直筆資料など

ミュージアムシアター展示室劇場「土井晩翠」2/24(日)午前11時〜 午後2時〜
  企画展示室にて、申込不要、直接会場へ、入館料のみ

学芸員による展示解説:3/10(日)午後2〜3時
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー