ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11597] 【東京】三井記念美術館/三井家のおひなさま 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/20(Wed) 23:14:14

 日本橋の三井記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=40でも、恒例のひな人形展を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「三井家のおひなさま」特別展示「人間国宝・平田郷陽の市松人形」〜4/7(日)
    月曜と2/24(日)休館、2/25(月)は開館
    入館料金:一般1000円 70歳以上(要証明)800円 高大生500円 中学生以下無料 
          静嘉堂文庫美術館「〜桐村喜世美氏所蔵品受贈記念〜 岩崎家のお雛さまと御所人形」〜3/24(日)

 今年も三井家の夫人や娘が大切にしたひな人形やひな道具を、一堂に公開。北三井家十代・高棟(たかみね)夫人の苞子 (もとこ)(1869-1946)らの旧蔵の贅をつくした逸品が並び、京都の丸平大木人形店・ 五世大木平藏が特別に制作した、浅野久子氏の幅3メートル、高さ5段の豪華なひな段飾りは必見。
 平田郷陽(ひらたごうよう)(1903-1981)が製作した新町三井家所蔵の「市松人形 銘つぼみ」に、京都・丸平文庫の所蔵品を加え、市松人形の世界を紹介します。人形の分野で初めて重要無形文化財保持者(人間国宝)となった郷陽が、若き日に手がけた市松人形の気品と美しさを見る。館蔵品による茶道具も展示。
 「内裏雛」 三世大木平藏(1834-1895)製 明治28年(1895)
 「享保雛」 江戸時代・19世紀
 「銀製ひな道具」 江戸〜明治時代・19世紀
 「立雛」 江戸時代・文化12年(1815)
 「次郎左衛門雛」 二代永若契宗〔声・疎臉技・紂ヲ20世紀
 「内裏雛」 二代永若契宗〔声・疎臉技・紂ヲ20世紀
 「犬筥」 明治〜大正時代・20世紀
 「内裏雛(女雛)」 五世大木平藏製 昭和9年(1934)※同右上
 「紫宸殿雛人形」 五世大木平藏製 昭和9年(1934)
 「箪笥・挟箱・長持」 五世大木平藏製 昭和9年(1934)
 「内裏雛」 四世大木平藏製 明治33年(1900)
 「子供人形 ことろ遊び」 明治時代・20世紀
 「三人官女」 四世大木平藏製 明治33年(1900)
 「女仕丁」 四世大木平藏製 明治33年(1900)

 「丸平好み 市松人形 人日(じんじつ)」平田郷陽作 昭和時代初期・20世紀 丸平文庫蔵
 「丸平好み 市松人形 上巳」平田郷陽作 昭和時代初期・20世紀 丸平文庫蔵
 「丸平好み 市松人形 重陽」平田郷陽作 昭和時代初期・20世紀 丸平文庫蔵
 「丸平好み 市松人形 雪月花の謡」平田郷陽作 昭和時代初期・20世紀 丸平文庫蔵 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー