ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11595] 【大阪】国立民族学博物館/旅する楽器―南アジア、弦の響き[2/21(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/20(Wed) 18:27:27

 吹田の万博公園の国立民族学博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=90では、2/21(木)から民族楽器の展示が始まります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「旅する楽器―南アジア、弦の響き」 2/21(木)〜5/7(火)
    水曜休館(5/1(水・祝)は開館]
    入館料金:一般420円 高大生250円 中学生以下無料     
          無料観覧日:2/24(日)、3/10(日)

 南アジアで、王侯貴族に好まれたシタールなどの弦の響きは、古典音楽として受け継がれ、弦楽器は、儀礼で神を讃える歌や祈りの支えとなり、歌手の紡ぎだす旋律を引き立てた。西アジアや中央アジアから伝えられ、南アジアで演奏家や職人たちによって改造され、生まれ変わった楽器が、形や音を変えて東南アジアや東アジアに伝えられた場合も。本展示では弦楽器の遥かな旅を、南アジアを中心に紹介。
  ラヴァナハッタを演奏する楽師(インド)
  ヴィチトラ・ヴィーナー(パキスタン)
 サントゥール(パキスタン)
 19世紀製作のシタール(インド)など

ギャラリー公演[ミニコンサート]企画展示場出口にて、申込不要(先着順) 定員当日先着96名
      1回目1時30分〜2時15分 2回目3時15分〜4時
 3/9(土)演奏楽器:ヴィーナー 的場裕子氏
 3/17(日)演奏楽器:サーランギー、マーダル 伊藤香里氏、勝田信明氏 
 3/30(土)演奏楽器:シタール、タブラー 小日向英俊氏、藤澤ばやん氏

みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 4/7(日)午後2時30分〜3時、企画展示場にて、入館料のみ
「南アジアの弦楽器」寺田吉孝氏(教授)

友の会講演会:4/6(土)午後1時30分〜2時40分 第5セミナー室にて、参加費:友の会会員 無料(会員証提示)、一般 500円
「イラン音楽の楽しみ−伝統打弦楽器サントゥールを例に」谷正人氏(神戸大学大学院准教授)
  講演会終了後、講師を囲んで懇談会。展示の見学も予定(40分。参加には会員証、もしくは展示観覧券が必要)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー