ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11591] 【奈良】国立博:お水取り/唐招提寺戒律復興 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/19(Tue) 23:02:52

 この季節がやって来ました。2/11(月・祝)に見に行っています。もちろん、3/1〜3/14の間にお水取りの「お松明」を拝観するつもりですが、それを迎える気持ちが高まりますね。
 展示室に入るや、再現・二月堂外陣に響き渡る声明…もう、季節感がいっぱいです。毎年のことなのですが、卒業に向けた試験も終わらせ、卒業式に向けた準備をすすめているその期間に、この展示を見ているのですね。そういう時節感が伴っているのです。
 室町時代作というのに、鮮やかな線に青い色が印象的な「二月堂縁起」。お水取りと言うが、この法会の起源は、十一面観音への懺悔であって、「水」は法会に遅れた若狭の遠敷明神が、お詫びのために奈良に水を送った…その水を汲むことにあって、「水を取る」ことの方が、副次的な行いなのだと再認識します。この、水を運ぶ、水をくむ道具も多く出品されていますが、こと法会の展示の特徴は、「紙もの」が多いこと。練行衆が着る「紙衣」や紙を被せた履き物、紙製の椿の造花など。いずれも毎年作られるものだから、展示物の時代表記も「現代」。しかし、そのことにまた連綿と続く歴史を感じてしまいます。
 唐招提寺戒律復興については、新仏教に対して鎌倉時代の旧仏教の改革派として、叡尊や忍性が名前だけが有名なのですが、律宗で活躍した人なのだと認識しました。この2展示は3/14(木)までです。

 ところで、この日に奈良博を訪れた目的のあと一つは、卒業生に贈る記念品として奈良グッズを買うことでした。ここのミュージアムショップは小物がとても充実しています。
                             明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー