ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11590] 【大阪】国立国際美:クリスチャン・ボルタンスキー 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/19(Tue) 21:51:16

 2/16(土)に夜間開館を利用して中之島の国立国際美術館で「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」を見ました。
 チラシの勝利ですね。黒地に裸の白熱電球が灯ったシンプルなデザインは、「明かりを用いたインスタレーション」をとても期待させました。実際、この電球が会場全体で案内役のように使われていました。「ユダヤ人の大虐殺とその犠牲者のイメージを想起させる」という前知識がありましたから、暗い中で、顔写真や、タペストリーが掛かっているインスタレーションはやはり、死や滅びを想像させるものでした。最も印象に残ったのは、墓石が並んだような「黒いモニュメント、来世」、チリのアタカマ砂漠に風鈴をススキの穂の如く並べた映像の作品「アニミタス」。この荒涼とした風景が、人の死とはまた違った寂しさを作り出しています。展示会場が、普段とは逆回りで構成されていたこともあり、大きな迷路を回っているような感覚もあり、「会場全体がインスタレーション」という作家本人の言が生きていました。
 この展示は5/6(月・振)までです。
                             明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー