ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11589] 【京都】国立近美:世紀末ウィーンのグラフィック 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/19(Tue) 21:50:08

 2/17(日)に京都国立近代美術館の「世紀末ウィーンのグラフィック デザインそして生活の刷新にむけて」を見に行きました。
ウィーンには一度しか行ったことはないのですが、ヨーロッパの雰囲気を楽しみたくなりましたので。
 「ウィーン分離派」と言えば、クリムト、シーレと言ったところが有名で官能的でちょっと進んだ感じの表現…と思っていましたが、分離派自体は、高尚な芸術も庶民的なものも分け隔て無くアートである…というところを目指していたとのことなので、美しいデザインの分かりやすいものが多数でした。「グラフィック」ということですので、印刷に乗りやすい木版画が目立っていましたね。活動の中心の一つ、雑誌「ヴェル・サクルム(聖なる春)」というのは、まるで日本の「白樺」を思い起こさせました。もちろん、十数年後発の「白樺」の方がこちらを学んでいるのでしょうが。
 展示の版画でもっとも気に入ったのは、カール・モルのハイリゲンシュタットの街並み(ベートーヴェンの家のある町)を描いた連作。色や濃淡のない、線だけの世界で、建物の影を有効に使って奥行きを表現しているのに感嘆しました。ここでの展示は、2/24(日)までですが、東京へ巡回して目黒区美術館にて4/13(土)〜6/9(日)に開催されます。

 ところで、この日は京都マラソン開催で、人出でいっぱいだったのですが、そんな中で昼食に入ろうとして…ここや京都市美術館へ来た時に学生時代からいつも利用していた、神宮道角のレストランが更地になっていて、ショックでした。まぁ、京都の美術館に親しんで…長い期間が経ったんだなぁ。
      .                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー