ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11580] 【大阪】湯木美術館/湯木吉兆庵の雛道具[2/19(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/18(Mon) 21:31:02

 淀屋橋の湯木美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=51では、湯木家の雛道具の展示が明日2/19(火)から開催されます。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆平成31年 特別展「湯木吉兆庵の雛道具
          ―ひな祭りのしつらえと茶道具―」2/19(火)〜3/24(日)
    月曜休館
    午前10時〜午後4時30分(3/1(金)は7時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般700円 大学生400円 高校生300円
 訪れた人々の目を料理と共に楽しませる、季節を意識した飾りつけは、料亭「吉兆」の魅力の一つ。
 本展のひな人形は、京都の人形屋・丸屋大木平蔵により製作された有職雛で、元は公家の装束の流れを汲む装いであったが、平成改元時に、男雛に黄褐色の袍を着せるなどの衣替えをした。同じ丸屋の金銀糸で刺繍が施された華やかな着物を着た男女の市松人形とともに美しく彩られる。人形の他にも、酒井抱一(1761〜1829)が描いた「立雛に桜図」、円山応挙(1733〜95)が描いた「桜花図」などの掛物や、3月によく使われる茶道具などもあわせて約60点を陳列。

 立雛に桜図 酒井抱一筆
 古清水源氏物語香炉
 穂貝桶茶器 伝土佐光起下絵
 御所丸茶碗 銘由貴
 本手黄伊羅保茶碗 銘松の花
 立雛と桜図 田中訥言筆
 雛の図 狩野伊川院栄信筆
 藤蒔絵金輪寺
 色絵鶏の絵茶碗 保全作
 市松人形   など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー