ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11575] 【茨城】県近代美術館/名品展 ザ・ベスト 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/18(Mon) 00:07:39

 水戸市の茨城県近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=08&c=1では収蔵品名品展を開催中です。 月曜も開館しています。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館30周年記念 茨城県近代美術館名品展
  「ザ・ベスト モネ、ルノワール、大観から靉嘔まで」〜3/24(日)
     残り開催期間休館無し(梅まつり期間のため)
     入館料金:一般600円 満70歳以上300円 高大生360円 小中生240円
           障害者手帳・指定難病特定医療費受給者証等を持参の方は無料
           2/20(水)、3/20(水)は満70歳以上の方は無料
           土曜日は高校生以下無料(春休み期間は除く)
 2018年10月,開館30周年を迎え、収集してきたコレクション約4000点の中から、選りすぐりの名品約100点を一堂に展示。いた 水戸出身の横山大観が北茨城の五浦で完成させた代表作「流燈」をはじめ、牛久に暮らした小川芋銭の日本画、中村彝や佐伯祐三らの油彩画、彼らに影響を与えたモネやルノワールなど西洋の印象派絵画、他に版画、水彩画、彫刻など。会場では,“名品ツアー”と銘打ち、館のキャラクター「きんびー」が作品の見どころを解説。
  オーギュスト・ルノワール「マドモワゼル・フランソワ」1917年
  クロード・モネ「ポール=ドモワの洞窟」1886年
  カミーユ・ピサロ「グラット=コックの丘からの眺め、ポントワーズ」1878年
  横山大観「流燈」1909年
  小川芋銭「〈河童百図〉因指月」1937年
  中村彝「カルピスの包み紙のある静物」1923年
  小出楢重「毛糸の束」1926年  
  小堀 進「霞ヶ浦」1954年
  鏑木清方「花ざかり」1938年
  藤田嗣治「横たわる裸婦」1927年
  舟越保武「原の城」1971年 など

“きんびー”といっしょにめぐる名品ツアー:2/22(金)3/1(金)9(土)15(金)23(土)午後2時〜
  定員50名(事前申込不要、要企画展チケット)ボランティアによる

担当学芸員によるギャラリートーク:2/24(日)午後2時〜 永松左知氏(副主任学芸員)

当館コレクションを築いてきた元学芸員による講演会:午後2時〜、申込不要、地階講堂定員250名
(1)3/2(土)「開館30周年にちなんで 開館前史とコレクションを巡る物語」 藤本陽子(元企画課長)
(2)3/10(日)「中村彝―西洋美術への憧憬」 舟木力英氏(元つくば美術館分館長)

美術館アカデミー:午後2〜3時30分、申込不要、地階講堂定員250名
「近代フランス絵画の革新と伝統―クールベとモネ」 松原哲哉氏(常磐大学人間科学部准教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー