ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11574] 【神奈川】鎌倉歴史文化交流館/鎌倉Disaster 災害と復興 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/18(Mon) 00:06:36

 鎌倉歴史文化交流館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=78
で開催中の展示を紹介します。月曜日も開館です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆春季企画展「鎌倉Disaster 災害と復興」〜5/18(土)
   日祝日休館
   入館料金:一般300円 小中生100円
         鎌倉市内の小・中学生と、市内の65歳以上の方、
         障がい者手帳等の交付を受けた方と付添1名は無料(要手帳提示)

 大正12年(1923)9月1日の大正関東地震は、発生から昨年で95年が経過したが、鎌倉は震源域に近く、激震や津波で全域がほぼ壊滅した。中世の一時期政権都市であった鎌倉は『吾妻鏡』文治4年(1188)の火災、建久2年(1191)以降地震に関する記述が散見するなど、くり返し災害や戦乱に遭遇し、その都度復興されてきた。文献史料や発掘調査の事例などで、過去の火災や地震の痕跡が確認されている。本展では、市内の発掘調査で得られた中世鎌倉の災害痕跡を紹介し、あわせて近代に発生した大地震の写真や被災資料などを展覧して、当地における災害痕跡や被災状況等を辿る。
 鎌倉時代の地震の痕跡と思われる遺構の写真
   (長谷小路周辺遺跡・名越ヶ谷遺跡・若宮大路周辺遺跡群・無量寺跡・天神山城遺跡
 鎌倉時代の火災痕跡ほかの写真
  (米町遺跡・今小路西遺跡・国指定史跡東勝寺跡・国指定史跡永福寺跡・国指定史跡建長寺境内)
 大正関東地震の津波到達推定位置と被災状況古写真
 日蓮聖人註画讃 江戸時代 当館
 鎌倉時代の災害痕跡から.今小路遺跡出土品
                 永福寺跡出土品
                 仏法寺跡出土柿経
 大正関東地震関係 寺社からの被災状況等報告書
              .義援金など寄附者に関する資料
 大正関東地震の被災物品
 大正・昭和初期に使われた写真機
 地震の被害状況などを撮ったガラス乾板   など

学芸員による列品解説(ギャラリートーク):毎週土曜日午前11時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー