ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11573] 【愛知】豊橋市美術博物館/美術のみかた 自由自在 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 23:04:01

 豊橋市美術博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=36ではじまった特別展の紹介をします。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆平成30年度独立行政法人国立美術館巡回展
 「国立国際美術館コレクション 美術のみかた 自由自在」〜3/24(日)
     月曜休館 
     入館料金:一般・大学生1000円 小中高生400円
            身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者は無料

 1977年に万博記念公園に開館し、現在の中之島に移転した国立国際美術館の方向性は、戦後日本美術と世界美術とのかかわりを明らかにするため、現代美術に影響を与えた19世紀の美術から現在の新しい表現まで、約8000点のコレクションを形成する。その国立国際美術館コレクションから、現代美術の祖ともいうべきポール・セザンヌ、パブロ・ピカソを皮切りに、マルセル・デュシャン、アルベルト・ジャコメッティ、アンディー・ウォーホル、ゲルハルト・リヒター、イリヤ・カバコフ、リチャード・タトル、草間彌生、高松次郎、奈良美智など45作家・55点を紹介。「みること」をテーマに、平面・ 立体・インスタレーション・映像などの幅広い表現を「イメージと物質」「表層と深層」「可視と不可視」という3つの切り口から自由自在にみる。
  ロレンヌ・ラックス《アイルランドの少女たち》2005年
  ポール・セザンヌ《宴の準備》1890年頃
  ゲルハルト・リヒター《フィレンツェ》2000年
  奈良美智《長い長い長い夜》1995年
  落合多武《猫彫刻》2007年
  下道基行《サイパン、アメリカ『torii』より》2006−12年

キュレーター・トーク:3/2(土)午後2時〜 福元崇志氏(国立国際美術館研究員)           

親子鑑賞会:3/9(土)・21(木・祝)午後2〜3時 小学生以上(各日定員10名/要予約=電話受付)

ワークショップ「描く目が見る美術」3/16(土)午後2〜4時、定員10名、要予約=電話受付
 青木陵子氏(本展出品作家)入館料のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー