ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11566] 【東京】サントリー美術館/河鍋暁斎 その手に描けぬものなし 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/15(Fri) 00:04:41

 六本木のサントリー美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=49では、江戸時代の画師の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」〜3/31(日)
      火曜休館(3/26(火)は6時まで開館)
      午前10時〜午後6時(金土と3/20(水)は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
      入館料金:一般1300円 高大生1000円 中学生以下無料
             障害者手帳をお持ちの方と介護者1名無料
             ◇100円割引
                ウェブサイト限定割引券提示
                スマートフォンサイトの割引券画面提示
                あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示
 7歳で浮世絵師・歌川国芳のもとで絵を学び始め、駿河台狩野派の前村洞和や、洞和の師・狩野洞白陳信に入門し戯画などで人気を博した河鍋暁斎(1831〜89)。風刺画によって暁斎は「反骨の人」というイメージで語られるが、その高い絵画技術と狩野派の精神に支えられて作品と真摯に向かい合った暁斎の姿がうかがえる。
本展では「狩野派絵師」としての活動と先人達の作品と真摯に向き合い、幕末・明治の動乱期に独自の道を切り開いた暁斎の足跡を展望。
    枯木寒鴉図 明治14年(1881)(〜3/4 展示)
    毘沙門天像 嘉永元年(1848)(〜3/4 展示)
    虎図 19世紀 東京・正行院
    九相図  明治3年(1870)以前
    鳥獣戯画 猫又と狸 19世紀(3/6〜3/31 展示)
    鷹に追われる風神図  明治19年(1886)
    閻魔・奪衣婆図 明治12〜22年(1879〜89)(3/6〜3/31 展示)
    幽霊図 慶応4〜明治3年(1868〜70)頃
    惺々狂斎画帖(二) 明治3年(1870)以前
    達磨図 明治18年(1885)
    野見宿禰と当麻蹶速図 明治7年(1874) など

点茶席(お抹茶と季節の和菓子)2/21(木) 28(木) 3/7(木) 21(木) 午後1、2、3時
1,000円(入館料別)1日限定50名(点茶券は当日時より3階受付にて販売(1人2枚まで)

学芸員によるギャラリートーク:2/22(金)午後6時30分〜7時30分 展示室にて、定員30名先着順
 午後5時より3階受付にて整理券配布

見どころトーク(スライドを使った学芸員による解説):2/17(日)3/17(日)
  午前11時〜、午後2時〜、約30分、6階ホール、定員80名

フレンドリートーク:毎週土曜、午前11時〜、午後1時〜、3時〜 1階レクチャールームにて定員30名

体験型ミニレクチャー「はじめてひらく美のとびら」シリーズ 掛軸の巻
 2/22(日)3/3(日)10(日)24(日) 午前11時〜、午後1時〜、3時〜、
 6階ホール、定員40名先着順、当日整理券配布
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー