ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11564] 【東京】国立新美術館/イケムラレイコ 土と星 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/15(Fri) 00:00:00

 六本木の国立新美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=73で開催されている現代美術の展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」 〜4/1(月)
     火曜休館
     開館時間 :午前10時〜午後6時(金・土は8時、入場は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1000円 大学生500円
            2/24(日)は天皇陛下御在位30年を記念して無料
            高校生、18歳未満(要証明)障害者手帳をご持参者と付添者1名は無料
            会期中に当館で開催中の他の企画展および公募展のチケット、
            またはサントリー美術館・森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)
               提示者は、団体料金。
            65歳以上の方(要年齢証明)は、会期中に当館で開催中の公募展チケット(半券可)
               の提示で大学生団体料金
 1970年代にスペインに渡り、その後スイスを経て、ドイツを拠点に活躍してきたイケムラレイコの絵画、彫刻、ドローイング、水彩、版画、写真など、無限の可能性を表現するという独創的な芸術、イケムラの創造の軌跡を、約210点の作品とともに紹介。
 荒々しい絵画や、多様な線で構成されたユーモラスで人間味あふれるドローイングなど、実験的な試みを経て名もない小さな動物や無垢な少女たち、母と子、木々や山と一体化した人物、誕生と死を含みこむ神話的な原始の風景など、この世に生まれでた、あるいは、これから生まれいづるものたちの存在の多様性を、あるがままに受け入れようとする思想が感じられる。本展は、独創的な創造活動により、破綻しかけた社会の構造にまで切り込もうとするイケムラの芸術をたどりなおし、多面的に追体験できるように、16のインスタレーションの集合として構成。
  イケムラレイコ 《花》 2009/18年 ラムダプリント 
    《うねりの春》 2018年 顔料/ジュート 
    《頭から生えた木》 2015年 テラコッタ、釉薬 
    《始原》 2015年 テンペラ/ジュート 
    《ベルリン地平線 I》 2012年 テンペラ、油彩/ジュート )
    《ハルコ I》 2017年 テンペラ/ジュート
    《母の情景》 2011/15年 油彩/ジュート
    《オーシャン III》 2000/01年 油彩/ジュート
    《花嫁》 1990年 テラコッタ、釉薬 
    《母とミコ》 1995年 テラコッタ、釉薬 
    《花》 2009/18年 ラムダプリント 
    《うねりの春》 2018年 顔料/ジュート   など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー