ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11560] 【岡山】県立美術館/小圃千浦 カリフォルニアに生きる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/12(Tue) 23:44:35

 岡山城下の岡山県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=0では、米国へ渡った画家の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆岡山の美術 特別展示 岡山の作家☆再発見VIII
  「小圃千浦 カリフォルニアに生きる」〜3/10(日)
     月曜休館
     午前9時〜午後5時(2/22(金)は7時まで、入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般350円、65歳以上170円 大学生250円 高校生以下無料
 井原市に生まれ、1903年に渡米し、サンフランシスコでは『ジャパン』誌の挿絵画家を勤めた小圃千浦(1885−1975)は、28年には日本で木版画集《世界風景連作》を出版し、32年にカリフォルニア大学バークレー校美術科の講師になる。太平洋戦争中に収容所で小圃は美術学校を開設し収容者に活力を与えた。戦後の54年にはアメリカの市民権を得て、75年に同国で死去。日本画、水墨画、水彩画、木版画そして素描など、幅広い内容の約140点から、東洋と西洋が混在する小圃作品の魅力を紹介。
   《夕暮れの給水塔》1943年
   《悲しい窮状》1942年
   《北国の娘》1931年  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー